25日(日)の京都の10Rはダート1800m戦。

3歳オープンクラスのレースだけに、まだまだ難解なところも多いが、

期待も込めて予想をしていきたいと思う。

11頭と少頭数だけに、どんなレースになるのか、ジョッキーの駆け引きが楽しみだ。

------------
 ■ 前提条件の確認
------------


ブリンカー着用の馬や初ダートの出走の馬は特にいない。

-------------
 ■ システマチック予想
-------------


続いて展開予想。

逃げたそうなのは、3枠3番アスカノロマン、4枠4番ブラボーランサー、7枠8番ポメグラネイトあたりかな。

前に行きたいそうなのが何頭かいるから、スローペースにはならないのではないかと思う。

となると、走破時計はどれくらいになるだろうか。


過去5年の京都コース良馬場のダート1800mの3歳オープンクラスの勝ち時計平均は

『1分51秒4』

とタイムは比較的に速い。

それだけ、レベルの高い馬同士がぶつかり合えば、それなりの時計は出るのだろう。


だから、まず持ち時計的にも京都・阪神なら良馬場で1分52秒台は持っていて欲しいね。

中山コースなら1分53秒台ってところかな。

東京1600mなら、1分38秒くらいになるのかな。


その観点で絞ってみると

 ・6枠7番:ダイチトゥルース
 ・7枠9番:カゼノコ
 ・8枠10番:メイショウイチオシ

の3頭に絞れる。

さらに、【調教】【コース相性】【叩き2走目】というプラスファクターを適用して絞ると

 ・8枠10番:メイショウイチオシ

が残る。よってあっさり軸に決定!

京都コースは2戦2勝だし、もちの木賞はレコード決着で買ってるし、ここでは力上位だろう。

鞍上も乗り慣れている幸四郎。

プラス外枠。

条件は揃いすぎた感じで逆に怖い。


相手筆頭は次の4頭で、3連複で馬券を以下の買い目で購入。

(3連複フォーメーション)
10 - 5,7,8,9 - 1,3,5,6,7,8,9,11 (22通り)


できれば、中荒れくらいしてほしいなぁ。

最近、本命的中が多くて、とりがみになるケースが多い。

でも時たま荒れて万馬券となることもあるから、しっかりと押さえておかないと。

がんばれ! 幸四郎!

【予想】前走と同様な感じで上位争い!『東京12R 丹沢Sの3連複勝負【自信度◎】』

【予想】中団前目から上がり33秒台の決め脚でねじ伏せる!『東京10R フリーウェイSの3連複勝負【自信度◎】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿