24日(土)の東京のメインレースはメイS。

芝1800mのハンデ戦で18頭立てと荒れる要素は揃った感じ。

まだまだ芝の状態が良い東京だけに、全頭、力を出し切るレースをして欲しい。

そして、体調の良い馬の好走を見極め馬券も的中させたいところ。


<5月24日(土)メイSの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ダコール 5/21 栗坂 54.7 - 40.1 - 26.3 - 13.5 一杯
1枠 2番 アロマカフェ 5/21 南W 68.0 - 52.9 - 38.5 - 12.7 馬なり
2枠 3番 メイショウウズシオ 5/21 CW 83.5 - 67.1 - 52.3 - 38.4 - 12.3 一杯
2枠 4番 コアレスドラード 5/21 栗坂 53.9 - 39.5 - 25.9 - 12.8 一杯
3枠 5番 フェスティヴタロー 5/21 南W 69.2 - 54.4 - 40.4 - 12.8 馬なり
3枠 6番 モンテエン 5/21 美坂 53.7 - 40.4 - 27.4 - 14.5 一杯
4枠 7番 トーセンジャガー 5/21 美坂 55.9 - 40.0 - 26.0 - 13.0 馬なり
4枠 8番 オートドラゴン 5/21 CW 82.6 - 67.5 - 53.4 - 39.6 - 12.8 G強
5枠 9番 タムロスカイ 5/21 栗坂 52.9 - 38.8 - 25.0 - 12.2 一杯
5枠 10番 ヒストリカル 5/21 栗坂 53.9 - 39.0 - 25.1 - 12.5 G強
6枠 11番 ムーンリットレイク 5/21 南W 84.8 - 68.3 - 53.7 - 39.0 - 12.6 強め
6枠 12番 ミヤジタイガ 5/21 CW 80.3 - 64.7 - 50.6 - 38.0 - 12.4 一杯
7枠 13番 スピルバーグ 5/21 美坂 61.4 - 44.8 - 29.5 - 15.0 馬なり
7枠 14番 ミッキーパンプキン 5/21 栗坂 55.0 - 39.8 - 25.5 - 12.5 強め
7枠 15番 ラウンドワールド 5/21 CW 67.9 - 54.3 - 40.5 - 12.1 一杯
8枠 16番 ウインプリメーラ 5/21 栗坂 52.9 - 38.2 - 24.6 - 12.2 馬なり
8枠 17番 ロードオブザリング 5/21 CW 83.2 - 67.4 - 52.7 - 39.0 - 12.1 馬なり
8枠 18番 テイエムオオタカs 5/21 南D 67.9 - 53.0 - 39.3 - 12.8 G強


【◎ピックアップ!】

(1枠2番:アロマカフェ)
近走は重賞に挑戦するも結果が伴っていないが大負けもしていない。
今回は的鞍条件になり、調教の内容から引き続き体調は良いと窺える。
中間は南Wコースで追い切られ、この馬なりに順調さをアピールしている。
特別時計が速い訳ではないが、馬なり調整でこの馬のペースでやれていることに好感が持てる。


(5枠9番:タムロスカイ)
前走は重馬場で少しレース後に疲れが出たのか、少し間隔をとってのレース。
中間は坂路で調整され、週を追うごとに動きが良くなっている。
今週は、重馬場で脚抜きが良かったのか、終い重点ながらラスト1Fを12.2秒と好時計。
少し間隔を開けた方がこの馬にはリフレッシュできるのかも。


(5枠10番:ヒストリカル)
前走は重馬場で伸びきれなかったのもあるが、近走はこの馬本来の切れ味が見れていない。
中間は坂路でみっちりと乗り込まれており、調教量は申し分なし。
今週は坂路で終い重点の追い切りで、ラスト1Fを12.5秒と反応は良い。
直線の長い東京コースに替るのはプラスだろう。
鞍上が横山典弘に乗り代わりというのも注目点だろう。
体調は良さそうだけに、この馬の良さが引き出されれば。


(6枠12番:ミヤジタイガ)
調教はいつも動いている馬で、今回も例に違わず好調教。
きっかけ1つで躍進する可能性があるだけに、追い続けたい。
鞍上が代わり新しい面が引き出されることを期待したい。
調教内容からは、体調は良いものと思われる。


(8枠16番:ウインプリメーラ)
前走後もしっかりと乗り込まれており、暖かくなって調子が上がってきたのだろうか。
今週は坂路で52.9秒の時計。ラスト1Fは馬なりで12.2秒と圧巻。
前走も良いレースをしており、52キロで出られる今回の方がチャンスかも。

【調教展望】5月24日(土)京都10R シドニートロフィー

【調教展望】5月24日(土)京都11R 平安S(G3)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿