17日(土)の京都のメインレースは「都大路S」

オープン特別の芝の1800mの別定戦に18頭が参戦と非常に混戦模様が想定される。

アドマイヤドバイやディサイファ、そして注目のオルフェーヴルの弟のリヤンドファミユもいるし、メンバー的には面白いレースだと思う。

レベル的にはグレードレース張りの高い感じだし、このレースの内容はしっかりと押さえておきたい。

ここで強い勝ち方をすれば、安田記念でも好勝負を演じられるかもしれない。

暖かくなって状態が上向いている馬から、きっちりと馬券も射止めたい。


<5月17日(土)都大路Sの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 サンシャイン 5/14 DP 66.8 - 51.2 - 37.5 - 11.3 馬なり
1枠 2番 アドマイヤドバイ 5/14 栗坂 53.0 - 38.8 - 25.0 - 12.2 G強
2枠 3番 マデイラ 5/14 DP 69.9 - 53.5 - 38.7 - 12.0 馬なり
2枠 4番 テイエムイナズマ 5/14 CW - - 50.9 - 37.1 - 12.4 一杯
3枠 5番 エックスマーク 5/14 CW 69.3 - 52.1 - 38.7 - 12.2 馬なり
3枠 6番 イケドラゴン 5/14 美坂 54.2 - 40.4 - 27.5 - 14.1 一杯
4枠 7番 エーシンミラージュ 5/14 CW 82.4 - 66.2 - 51.4 - 37.9 - 11.9 馬なり
4枠 8番 マコトブリジャール 5/14 栗坂 55.1 - 39.9 - 25.7 - 13.1 一杯
5枠 9番 ダノンスパシーバ 5/14 DP 78.2 - 63.0 - 49.6 - 36.8 - 11.8 馬なり
5枠 10番 シゲルササグリ 5/14 栗坂 52.8 - 38.3 - 24.8 - 12.4 一杯
6枠 11番 リヤンドファミユ 5/14 栗坂 53.5 - 38.6 - 25.8 - 12.9 馬なり
6枠 12番 ディサイファ 5/14 南W - - 54.0 - 39.5 - 12.6 馬なり
7枠 13番 ミッキードリーム 5/14 栗坂 55.4 - 41.0 - 26.6 - 13.0 一杯
7枠 14番 コスモセンサー 5/14 栗坂 53.7 - 39.7 - 25.9 - 13.4 一杯
7枠 15番 ボレアス 5/14 CW 84.8 - 67.9 - 52.4 - 38.0 - 11.7 一杯
8枠 16番 シャトーブランシュ 5/14 栗坂 55.4 - 40.6 - 26.3 - 13.0 一杯
8枠 17番 グランデッツァ 5/14 栗坂 54.5 - 39.0 - 25.6 - 12.5 一杯
8枠 18番 スピリタス 5/14 栗坂 51.2 - 37.8 - 25.3 - 12.9 一杯


【◎ピックアップ!】

(1枠2番:アドマイヤドバイ)
前走のマイラーズカップは、調子が良いと感じたが、さすがにメンバーが強すぎたか。
まだまだ経験を積めば強くなる可能性を秘めている馬だと思うし、的鞍に戻ったここでは好勝負必至だと思う。
調教はいつも坂路で好時計を出しているし、今週も坂路コースで終い重点の追い切り。
仕掛けられてからラスト1Fを12.2と鋭く反応して、状態の良さを窺わせる。
掛かり癖があるので、距離延長がどうかだが、能力的には上位必至の1頭。


(4枠7番:エーシンミラージュ)
近走の成績が非常に悪いが、調教の内容を見ている限り、調子が下降しているとは思えない。
逆に、今週などCWコースで馬なりで終い重点でラスト1Fを11.9秒と動きの良さを見せている。
レースに行くと、なかなか力を発揮できないのかも知れないが、距離短縮で押さえておきたい1頭。
人気はないが、一変があっても全然おかしくない。


(5枠9番:リヤンドファミユ)
昨年暮れに復活してから、順調にレースを使えている。
調教の内容は特段時計が速かったりするわけではないが、しっかり乗り込まれている。
前走では馬が競馬勘を取り戻したかのような走りだったし、ここでも期待したい1頭。
池江流の坂路とCWコースを織り交ぜたハードな内容に感じるが、馬なりで負担少なく調整されていて、
レースではしっかり力を発揮してくれることだろう。

【予想】ここでは負けられない! 先行、実績上位のディサイファだ。『京都11R 都大路Sの3連複勝負【自信度○】』

【予想】逃げて逃げて3連勝だ!『東京11R 京王杯スプリングC(G2)の3連複勝負【自信度○】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿