17日(土)の東京競馬場のメインレースは「京王杯スプリングC」。

安田記念へ向けての前哨戦の位置づけとなるが、注目のコパノリチャードは安田記念には参戦しないみたいだし、

ちょっと残念だよね。


15頭立てのレースで、少し例年に比べるとレベルは低いかもって感じるけど、

まだまだ成長途上の馬もいるかも知れないし、しっかり調教内容から体調の良さそうな馬を見つけ出したいね。


<5月17日(土)京王杯スプリングC(G2)の調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 シャイニープリンス 5/14 南W 81.0 - 65.0 - 51.2 - 37.5 - 12.7 馬なり
2枠 2番 アフォード 5/14 栗坂 53.6 - 38.4 - 24.6 - 12.0 馬なり
2枠 3番 アミカブルナンバー 5/14 美坂 57.8 - 39.5 - 25.2 - 12.1 馬なり
3枠 4番 コパノリチャード 5/14 栗坂 51.7 - 38.3 - 25.7 - 13.2 馬なり
3枠 5番 エールブリーズ 5/14 栗坂 53.9 - 39.1 - 25.8 - 13.1 G強
4枠 6番 インパルスヒーロー 5/14 美坂 54.4 - 39.6 - 26.1 - 13.3 強め
4枠 7番 インプロヴァイズ 5/14 南W - - 52.9 - 38.0 - 12.8 馬なり
5枠 8番 インプレスウィナー 5/14 南W 67.8 - 52.4 - 38.2 - 12.7 馬なり
5枠 9番 レッドスパーダ 5/14 美坂 53.0 - 39.5 - 26.2 - 13.5 G強
6枠 10番 クラレント 5/14 栗坂 52.0 - 38.1 - 25.4 - 13.1 一杯
6枠 11番 サンディエゴシチー 5/14 CW 87.1 - 71.5 - 56.2 - 40.6 - 11.8 G強
7枠 12番 クラウンロゼ 5/14 南D 65.5 - 51.2 - 38.9 - 13.3 馬なり
7枠 13番 アルフレード 5/14 美坂 53.5 - 39.4 - 26.4 - 13.5 馬なり
8枠 14番 メイショウヤタロウ 5/14 CW 78.3 - 64.4 - 50.7 - 37.4 - 12.2 G強
8枠 15番 メイケイペガスター 5/14 CW 84.1 - 68.0 - 52.6 - 38.5 - 11.8 馬なり


【◎ピックアップ!】

(1枠1番:シャイニープリンス)
前走では馬が変わったかのような、直線鬼脚一気で強烈な差し脚を見せ、このレースでも俄然注目したい1頭。
2ヵ月振りのレースとなるが、中間の調教は南Wコースで調整され、乗り込み量に不足はない。
先週、今週と6Fからしっかりと乗られており、ラスト1Fも馬なりながら、12秒台で上がってきている。
この馬のペースでやれている点に好感を持てる。


(2枠2番:アフォード)
この馬はいっつも坂路で好時計を連発している。
今回も例に漏れず、好時計に調教内容にケチのつけようがない。
今までは調教の動きの良さがレースに反映されないときが多かったけど、
近走はオープン勝ちがあるように、少しずつ能力を発揮できるようになってきているのか。
注目してみたい1頭。


(8枠14番:メイショウヤタロウ)
前走の錦ステークスを快勝して、調子が上がってきたのだろうか、今週の調教の動きも絶好調。
6F78.3秒と全体時計も速く、ラスト1Fも仕掛けられると12.2秒と文句なし。
切れる脚がないだけに、どういった位置取りでどう流れに乗るか、ジョッキーの手腕が問われるレースになりそう。
条件は付くが、上位争いできる力は持ち合わせているとみる。

【予想】逃げて逃げて3連勝だ!『東京11R 京王杯スプリングC(G2)の3連複勝負【自信度○】』

【調教展望】5月18日(日)東京11R ヴィクトリアマイル(G1)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿