今週の注目レースのヴィクトリアマイル(G1)について、データを調べてみたいと思う。

今年のヴィクトリアマイルの登録馬の中で、出走予定の以下の7頭には共通点がある。

 ・ウリウリ
 ・エバーブロッサム
 ・キャトルフィーユ
 ・スマートレイアー
 ・デニムアンドルビー
 ・ラキシス
 ・ヴィルシーナ

それは、『ディープインパクト産駒』という共通点。

今年はすごいね、ディープ祭りになりそうな予感を覚える。

昨年覇者のヴィルシーナ筆頭に、前走の阪神牝馬S(G2)を出遅れながらも快勝したスマートレイアー。

先行して図太いキャトルフィーユ、切れ味鋭いウリウリなど脚質も多彩だし、

早速データを見てみたいと思う。


ヴィクトリアマイルに登録している出走馬の種牡馬について、以下の条件でデータを抽出してみた。

≪2009年~現在までの東京1600mの種牡馬成績(全世代年齢)≫



自分はいつも馬券を買うときは3連複で購入しているので、いつも複勝率に着目している。

やはりというか、複勝率はディープインパクトがトップ。

続いてキングカメハメハ、そしてダイワメジャーとそこまで大きく差を開けている訳ではないけど、

ディープが強さを誇示していることには変わりない。

「今年は7頭も出走予定だし、ディープインパクト産駒で決まりだろうな~。」

なんてこのデータを見た時は思った。


でも、ふっと

「ディープインパクト産駒って古馬になってからはどうなんだろう?」

そんなことが頭をよぎった。

確かに、ヴィクトリアマイルは4歳以上のレース。

となると、先ほどの条件では全世代年齢でのデータだったけど、今回は4歳以上ということで抽出し直してみた。

≪2009年~現在までの東京1600mの種牡馬成績(4歳以上)≫



結果を見て

「およよ!?」

ちょっと驚いた。

ディープインパクト産駒の「複勝率」が5位まで後退している。

代わりに浮上しているのは

1位 ダイワメジャー産駒(複勝率:42.9%)
2位 タニノギムレット産駒(複勝率:31.3%)
3位 クロフネ産駒(複勝率:28.0%)


の3頭の種牡馬。

ダイワメジャー産駒の複勝率は42.9%と4割を超えて来て、成長力の高さが窺える。

他にもタニノギムレット、クロフネ産駒はの成長力にも思わず賭けたくなってしまう・・・。

この3頭の種牡馬について、登録馬内で出走が叶いそうな馬だけピックアップすると、

【ダイワメジャー産駒】
・エクセラントカーブ
・ゴールデンナンバー

【タニノギムレット産駒】
ミッドサマーフェアが登録しているが、今回は出られそうにない。

【クロフネ産駒】
・クロフネサプライズ
・ホエールキャプチャ

と、ダイワメジャー産駒2頭、クロフネ産駒2頭と4頭の馬がデータ面から台頭してきた。

100%データを信頼することはできないけど、

少なからず言えることは、今年のヴィクトリアマイルは、ディープインパクト産駒のお祭り状態にはならないのではないか、

そう思っている。

【調教展望】5月18日(日)東京11R ヴィクトリアマイル(G1)

【プレイバック】衝撃の7馬身! 2009年ヴィクトリアマイル(G1)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿