今週は西でも東でもダービー(G1)への出走権を巡って出走馬がスタンバイ。

西では京都新聞杯(G2)が行われ、東ではプリンシパルSが行われる。

東京の2000mの1着馬だけに与えられる出走権。

2着はいらない。

中東半端な仕上げをしてくる馬はいないはずだ。

その中でも状態の善し悪しを調教からしっかり見極め、馬券的中に結び付けたいね。


<5月10日(土)プリンシパルSの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 トーセンミラージュ 5/7 南W 67.1 - 51.7 - 37.8 - 12.7 馬なり
2枠 2番 タケルファラオ 5/7 美坂 55.9 - 40.8 - 26.2 - 13.0 一杯
3枠 3番 ファーガソン 5/7 連闘の為中間軽め
3枠 4番 アカノジュウハチ 5/7 美坂 54.1 - 38.9 - 25.0 - 12.6 一杯
4枠 5番 メイクアップ 5/7 栗坂 54.1 - 39.9 - 26.2 - 13.3 一杯
4枠 6番 アンヴェイルド 5/7 南W 68.4 - 52.7 - 38.9 - 13.1 強め
5枠 7番 ファドーグ 5/7 南W 84.8 - 69.4 - 54.6 - 40.0 - 13.0 馬なり
5枠 8番 ワードイズボンド 5/7 栗坂 55.4 - 40.4 - 26.0 - 12.6 G強
6枠 9番 ベルキャニオン 5/7 南W - - 53.8 - 39.9 - 13.0 馬なり
6枠 10番 トップアート 5/7 DP 64.3 - 50.5 - 36.7 - 11.9 一杯
7枠 11番 キネオペガサス 5/7 南W 67.7 - 53.7 - 40.7 - 13.4 馬なり
7枠 12番 シングンジョーカー 5/7 南W 67.9 - 52.9 - 39.0 - 12.7 馬なり
8枠 13番 マリーナベイ 5/7 南W 69.4 - 53.5 - 39.9 - 12.8 一杯
8枠 14番 ナイフリッジ 5/7 南W 68.5 - 52.8 - 38.9 - 12.7 強め


【◎ピックアップ!】

(7枠11番:キネオペガサス)
まだ身の入った調教はやっていないのだが、順調のひとこと。
現在2連勝中と体調の良さが窺えるだけに、この馬のペースで
やれていることに好感が持てる。
特段速い時計は出していないが、レースに行けばきっちり能力を
出し切るタイプの馬なのだろう。


(7枠12番:シングンジョーカー)
2ヵ月以上間隔を開けてのレースになるが、中間は馬なりで
南Wコース中心で調整。1週前は併せ馬で南Wコースを5F65.6秒と
速い時計を馬なりで計時。
今週は終い重点ながらもしっかりとした動き。
リフレッシュ効果が見込める1頭。要注目!

【データ】あなたの注目の1頭は? 京都新聞杯の騎手と種牡馬のデータ分析

【調教展望】5月10日(土)京都11R 京都新聞杯(G2)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿