2014年はハープスターの年になるだろう。

多くの人はそう思っているかも知れないね。

確かに比較するとなんだけど、牡馬戦線は少し小粒感を感じてしまう。

ただ、それはまだNHKマイルCが始まっていない段階での事。

このNHKマイルC(G1)で衝撃を与える馬が現れるかも知れないし、それは、誰にも分らない。


なんせ2004年にNHKマイルCを制したこの馬だって、それまでは

「ここまで強いなんて思ってなかった・・・」

って思われていたんだから。


----------------
■ オレの名はキングカメハメハ
----------------


四の五の言わせない。

"黙ってオレの走りを見てろ!"

そう言わんばかりの力強さ。

(レース映像)


⇒ 2004年NHKマイルC(G1)のレース結果はこちら


キングカメハメハは道中は中団に構えて、直線は外に持ち出しゴーサイン。

鞍上の安藤勝巳が追えば追うほど伸びる。

直線は1頭だけ次元が違う走り。

抜け出してからも真直ぐターフを駆け抜ける。

まさに名馬の走り。


戦前では、4連勝して挑む武豊鞍上の"シーキングザダイヤ"と人気を二分し、

差のない3番人気には、前走で皐月賞3着で複勝率100%の"メイショウボーラー"が続いていた。

でも結局1番人気は"キングカメハメハ"。

競馬ファンはその奥底眠る底力を知っていたんだね。


そしてそれが、このレースで形となって現れた・・・

「まさか、これほどまでに強いとは・・・」

期待以上に強い走りを見せることが出来る馬が、後に名馬って呼ばれる馬なのかもね。


今年のNHKマイルCでもそんな衝撃を与える馬が現れるかも。

そんな期待を高めて楽しみたいレースになるといいよね(^^)。

【お宝】次走のお宝馬はこの馬たち!(2014年5月3日(土)・4日(日)振り返り)

【データ】過去10年分のデータからNHKマイルCを占ってみる

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿