・キズナ(牡4)
天皇賞春(G1)では大外から一気に前を飲み込むかと思われたが、最後止まってしまい4着だったキズナは次走、6月29日(日)の宝塚記念(G1)に出走予定。


・ウインバリアシオン(牡6)
天皇賞春(G1)では中から鋭い脚で伸びたが、フェノーメノを捉えることができず2着に終わったウインバリアシオンは次走、6月29日(日)の宝塚記念(G1)に出走予定。


・エピファネイア(牡4)
香港で行われた「クイーンエリザベス2世C」で4着と本来の強さを見せられなかったがエピファネイアは次走、6月29日(日)の宝塚記念(G1)に出走予定。


・ロゴタイプ(牡4)
ドバイデューティーフリーでは、6着とジャスタウェイから大きく離されて敗戦してしまったロゴタイプは次走、6月8日(日)の安田記念(G1)に出走予定。


・アジアエクスプレス(牡3)
皐月賞では、先行して粘り強さを発揮したが6着と結果の伴わなかったアジアエクスプレスは次走、6月22日(日)のユニコーンS(G3)に出走予定。

【データ】過去10年分のデータからNHKマイルCを占ってみる

【振り返り】なんでホッコーブレーブを買わなかったんだろうか?「京都11R 天皇賞春(G1)」

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿