辛い辛い作業。

それは、「あと一歩で万馬券を的中できたのに~っ」っていうレースを振り返ること。

これはホント辛いんだよね。


立ち直るのに時間が掛かるし、精神的ダメージがデカい。

ホント競馬の神は試練ばっかり与えてくる。


でも、あと少しだと思うんだよね、目の前の壁を超える瞬間。

だから、振り返ろうと思う。

先週は3日(土)の青葉賞(G2)と4日(日)の天皇賞春(G1)で

「勿体ないな~」

っていう「万馬券すり抜け」の術を使っていた(^^;。

まずは、3日(土)青葉賞(G2)のレースをきっちりと振り返っておきたいと思う。


--------------
■ 青葉賞(G2)の振り返り
--------------


この青葉賞というレースは、3歳戦ということもあり、データと調教重視で予想をした。

⇒ 青葉賞(G2)の事前予想はこちらをクリック

4歳以上のキャリアのある馬はたくさんのファクターを使って予想をするんだけど、3歳戦はキャリアがないからファクター予想はちょっと難しい。

そんなこんなでデータと調教で重視して、決定した軸馬は

 ・3枠5番:ラングレー(11着)
 ・6枠11番:ショウナンラグーン(1着)

となり、この2頭を軸に3連複馬券を購入した。

相手候補には、

 ・1枠2番:ワールドインパクト(2着)
 ・2枠3番:マイネルフロスト(6着)
 ・3枠6番:ピオネロ(5着)

の3頭をピックアップして、そこからほかの馬たちへ流していた。

買い方としてはこんな買い目。

(3連複フォーメーション)
5,11 - 2,3,5,6,11 - 2,3,6,9,10,16,17 (37通り)


自分の中では万全を喫したつもりだったんだけど、3着に来た馬を買っていなかった。

(レース結果)
1着:6枠11番:ショウナンラグーン(10番人気)
2着:1枠2番:ワールドインパクト(1番人気)
3着:7枠13番:ヤマノウィザード(4番人気)

という結果で、ショウナンラグーンが人気がなかったから、3連複は "12,190円" の万馬券。

なぜ、3着に来たヤマノウィザードを買っていなかったのかというと、

 ・過去5年のデータで、3着以内に来ていた馬の前走で1秒以上負けている馬はいなかった
 ・7枠の馬が過去5年3着以内に来ていなかった

というオカルト的な理由で買わなかった。


逆の観点から見ると、調教は入念に乗り込まれており、東京2400mで良績のあるディープインパクト産駒ということで、買い材料は多かった。

それに4番人気に支持されていたし、競馬ファンはその点を良く知っているのだと思う。


このレースを振り返って見て、思うことは、

『データを自分の都合の良いようにこじつけていた』

ということが言える。

データはあくまでデータなのだから、そこまで固執してはいけないね。

いい教訓になった。

これから毎週データは活用するけど、固執しないように自分に言い聞かせていこうと思う。

【振り返り】なんでホッコーブレーブを買わなかったんだろうか?「京都11R 天皇賞春(G1)」

【予想】切れ味鋭い差し切りが決まる!『東京10R オアシスSの3連複勝負【自信度○】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿