東京の10Rはダート1600m戦の「オアシスS」。

4歳以上のオープンクラスの別定戦に16頭が出走。

すばるSをレコード快勝したベストウォーリアがやはり中心的な存在か。


予想の前にまずは前提条件の確認。

 ・3枠6番:サトノプリンシパル(ブリンカー)
 ・6枠11番:ナイトフッド(ブリンカー)

の2頭がブリンカーを着用して出走してくる。

サトノプリンシパルはブリンカー着用3走目で行き切ればブリンカー効果が高いかも。

ナイトフッドはずっと着用して出走しているので、大きな上積みはないだろう。


次は展開予想。

ブリンカー着用の3枠6番サトノプリンシパルが行くだろうね。

ダッシュ力の差で7枠13番ウォータールルドがハナを切るかも知れない。


よって、ペースはそこまで遅くはならないだろうと思う。

前半3Fは35秒くらいで行くのではないか。


スローペースにはならないだろうと思うから、走破時計もある程度は出ると思う。

ん~、1分36秒前後の時計になると思っている。


だから、差し馬でも3F35秒台の脚を使えれば台頭できる可能性はあるだろう。

その観点でまずは総合力で見ると

 ・2枠3番:スズカセクレターボ
 ・3枠5番:オールドパサデナ
 ・4枠7番:セイカプリコーン
 ・5枠10番:ベストウォーリア
 ・7枠13番:ウォータールルド
 ・8枠16番:ナリタスーパーワン

とこの上記の6頭が良い感じだと思う。

そして、セイカブリコーン以外の5頭は休養明け。

実績、実力的にはベストウォーリアとウォータールルドで良いと思うけど、

ベストウォーリアの調教の動きは重いし、ウォータールルドは追い切り本数が1本足りていないと思う。

杞憂に終わるかも知れないが、3連複で購入するから心配事ある馬よりもちょっと狙ってみたいと思う。


休養明けの仕上がりも問題ないと思われる

 ・3枠5番:オールドパサデナ
 ・8枠16番:ナリタスーパーワン


の2頭を軸に決定したい。

そして、この2頭から3連複を購入したいと思う。

(3連複フォーメーション)
5,16 - 5,7,10,16 - 2,3,6,7,10,11,12,13,15 (39通り)


このレースは時計が少し早くなっても前が粘り込むケースも考えられるだけに、

サトノプリンシパルがどれくらい粘り腰を見せるのかも興味深い。

幸Jと江田Jの騎乗も見ものだ。

【振り返り】データは自分の都合のいい様にこじつけてはいけない。「東京11R:青葉賞(G2)」

【調教展望】5月4日(日)新潟11R 谷川岳S

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿