4日(日)新潟競馬場で行われるメインレースは「谷川岳S」。

オープンクラスの芝1600mの別定戦。

力の拮抗したメンバー16頭が出走予定。

外回りの直線が長いコースで、どの馬が鋭い脚で駆け抜けるのか。

調教内容から、状態の良い馬を見つけて、馬券に繋げよう。


<5月4日(日)谷川岳Sの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 プリンセスジャック 4/30 CW 83.5 - 67.0 - 52.0 - 38.3 - 12.2 一杯
1枠 2番 ウインドジャズ 4/30 美坂 54.8 - 41.7 - 28.4 - 15.1 一杯
2枠 3番 メイケイペガスター 4/30 CW 81.6 - 65.1 - 50.5 - 37.7 - 11.7 一杯
2枠 4番 セイルラージ 4/30 栗坂 55.2 - 39.7 - 25.3 - 12.8 一杯
3枠 5番 レオアクティブ 4/30 美P 67.6 - 51.2 - 37.7 - 11.6 馬なり
3枠 6番 オートドラゴン 5/1 CW 69.5 - 53.5 - 39.0 - 11.8 一杯
4枠 7番 カネトシディオス 4/30 栗坂 56.5 - 41.6 - 27.3 - 13.3 馬なり
4枠 8番 エアラフォン 4/30 栗坂 55.9 - 41.4 - 27.1 - 14.1 一杯
5枠 9番 オリービン 4/30 栗坂 53.4 - 39.6 - 26.2 - 13.3 馬なり
5枠 10番 サンレイレーザー 4/30 栗坂 53.9 - 39.6 - 26.0 - 12.8 一杯
6枠 11番 サトノギャラント 4/30 南W 69.3 - 53.3 - 39.4 - 13.0 馬なり
6枠 12番 ミッキードリーム 4/30 栗坂 53.8 - 40.1 - 26.3 - 13.5 一杯
7枠 13番 オースミイチバン 4/30 栗坂 58.9 - 42.3 - 27.5 - 13.8 馬なり
7枠 14番 アーデント 5/1 南W 68.3 - 53.1 - 39.1 - 13.0 馬なり
8枠 15番 ラインブラッド 4/30 連闘の為中間軽め
8枠 16番 シルクアーネスト 4/30 CW 79.7 - 64.5 - 50.1 - 37.2 - 11.8 一杯


【◎ピックアップ!】

(2枠3番:メイケイペガスター)
前走のダート戦から2ヵ月以上間隔を取っての出走。
中間は3週前からCWコースで速い時計を出し始め、先週、今週と6F81秒台と
みっちり追い切られ、今週はラスト1F11.7秒としっかりとした動き。
間隔を開けたことがプラスに作用するのではないか。


(5枠9番:オリービン)
前走快勝後、中間も馬なりで坂路調教をしっかりされており、
この馬なりの速い時計をしっかりと出している。
元々そんなに速い時計を出すタイプの印象はなかったが、先週は坂路で50.8秒と好時計。
今週は時計は早くないが、馬なりでしっかり併せた馬に先着をしている。
5歳ながらまだ成長を続けている感じがする。

【予想】切れ味鋭い差し切りが決まる!『東京10R オアシスSの3連複勝負【自信度○】』

【予想】最後の最後はスタミナがものを言う『京都11R 天皇賞春(G1)の3連複勝負【自信度◎】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿