京都のメインレースは「天王山ステークス」。

オープンクラスのダートの1200m戦に16頭と混戦が予想される。

京都の短距離ダートは展開を読むのが難しく、わずかなラップタイムによって

先行が有利になったり、差しが有利になったりと非常にデリケートなコース。


ま、だけど経験を積んでいかないと、京都コースの攻略は難しいだろうね。

馬券が外れてもそれは勉強代、割り切って強気に予想していこう!


 ⇒ 天王山Sの調教展望はこちらをクリック


まずは前提条件。

 ・8枠16番:ブラボースキー(初ダート)

と1頭が初めてのダート参戦。ブラボースキーのお父さん:ストラヴィンスキーは京都のダート1200m戦でも走っている実績があるので、初ダートがマイナスになることはないだろう。

逆に外枠から砂を被らずに行けるメリットは考慮しておいた方がいいだろうね。


次は展開面。

誰が逃げるのだろうか。

内から3枠5番エーシンビートロンか4枠7番エーシンレンジャーあたりが逃げるのかなって気がする。

サウンドガガは誰も行かないとみるや、前走のようにハナ切るんじゃないかな。

ん~、ペースはむずかしいね。スローか少し遅めの平均ペースのような気がする。

無理に行きそうな馬が見当たらないし、だから、ここは素直に前に行けてある程度脚が使える先行馬を軸にしたいと思う。

その観点だと、

 ・2枠4番:ダノンレジェンド
 ・3枠5番:エーシンビートロン
 ・4枠7番:エーシンレンジャー
 ・5枠9番:ドレッドノート
 ・6枠11番:サウンドガガ
 ・6枠12番:ウインラーニッド

の6頭がピックアップできた。

この中で軸馬を決めたい・・・。


次の【実績】【叩き2走目】【好調教】というファクターを適用させると、

この馬が1歩リードしている気がする。

 ・6枠11番:サウンドガガ

だ。こうやって1頭だけ導かれる馬は、自信を持って軸馬にしたいと思う。


そして馬券は3連複で以下の様に購入したいと思う。

(3連複フォーメーション)
11 - 4,7,9,12,13 - 1,2,3,4,5,7,8,9,12,13,15,16 (45通り)



点数は多くなったけど、荒れた時を想定しているので仕方なしかと。

追い込みで決まるレースになったときは外れるだろうけど、

前半3Fのペースがどんな感じになるのか、ドキドキしながら見たいと思う。

がんばれ! 豊ちゃん。

【予想】追い比べで内から抜け出す外国人ジョッキー!『京都10R 下鴨Sの3連複勝負【自信度○】』

【予想】データと調教面からこの2頭『東京11R 青葉賞(G2)の3連複勝負【自信度○】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿