クラシックロードへ向けて、予想を組み立てていく上で、避けて通れないファクターがある。

それは【血統】というファクター。


このファクターは新馬や未勝利、2歳、3歳戦では絶対的に不可欠なファクター。

逆に言うと、キャリアの浅い馬たちにとって、他のファクターは推測の域を出ない。

だから、個人的に今は血統面をカバーするように鋭意勉強中である。



でも、そのことが分かってるから若駒たちのレースはほとんど賭けてないんだよね。

それ以外の古馬のレースをいっつもメインで賭けている。

キャリアのある馬たちであれば、色んなファクターを駆使して予想を組み立てることが可能だからね。



だけど、今後はクラシック戦線を楽しんでいくために、血統面からの予想も強くなっていかないといけない。

そして、クラシックレースを血統面から予想してどんぴしゃりで的中させたい。

そんな強い想いがある。



とまぁ、能書きはそこらへんにして、4月27日(日)の東京メインのフローラSを振り返りたいと思う。

このレースは、データを駆使して、2004年~2013年の間で、良馬場で施行されたフローラSの1~3着馬の

共通項を探してみようとデータを取ってみた。


そしたら、血統面から見て、1~3着に入っている馬の中には必ず

 ・父方にサンデーサイレンスやブライアンズタイムのお父さんであるヘイルトゥリーズンの血が入っている
 ・母方の父親がにノーザンダンサーもしくは、ミスタープロスペクターの血が入っている

という見解になった。

出走馬をピックアップしてみると、オモシロい事に

 ・デルフィーノ(9着)
 ・サングレアル(1着)
 ・ブランネージュ(2着)
 ・ムードスウィングス(14着)
 ・シードオブハピネス(18着)
 ・マローブルー(4着)
 ・マイネオーラム(3着)
 ・スペランツァデーア(15着)

と8頭もいた。

( ⇒ 事前のフローラSの予想記事はこちらをクリック)


同じ条件で絞り出しているのに、1着の馬もいれば18着の馬もいる。

でも、結果的に1着~4着の馬がこのピックアップしたデータの中に入っているのだから、

着目した点については正しかったということだろう。

その先の精度の向上については、まだまだこれから経験が必要なんだろうけど。


だから、血統理解の精度が上がってくると、

 ・ムードスウィングス(14着)
 ・シードオブハピネス(18着)
 ・スペランツァデーア(15着)

など、これらの馬を買わずに済むんだろうね。


まだまだ課題は山済みだけど、やれることを少しずつやっていこう。

3連複でもスゴイ配当になっていたし、早くこういった馬券を取れるようになりたい。


楽しみは膨らむ、そんな結果になったレースだった。

【振り返り】実績面のファクターは優先順位を高くしないと。「マイラーズカップ(G2)」

【予想】位置取り前目で安定した末脚を。『東京12R ダート1600mの3連複勝負【自信度○】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿