ハナ差に泣いたレースだった。

ハナはハナでもとてつもなく大きな差だった。

やはり、競馬で勝ち続けるためには、予想精度を向上させないといけない・・・。


レースが終わった後にはいつも悔しい想いをするんだけど、早く克服して万馬券をドンドン量産できるようになりたい。


------------------
■ 福島牝馬S(G3)を振り返る
------------------


振り返りたいレースは福島牝馬S(G3)戦。

⇒ 事前の予想内容はこちらをクリック

軸馬は、自分の予想スタイルで、「キャトルフィーユ」を選び出すことができた。

そして、キャトルフィーユを軸に3連複馬券を購入した。

(3連複フォーメーション)
7 - 2,4,6,15 - 1,2,3,4,6,8 10,11,12,15,16 (34通り)

という3連複の買い方で、相手候補には、

2番のアロマティコ、4番のレイカーラ、6番のケイアイエレガント、15番のミッドサマーフェアというところ。

そして、そこから残りに流すという買い方。


レース結果はというと、( ⇒ 福島牝馬Sの結果詳細はこちらをクリック

1着 3枠6番:ケイアイエレガント(5番人気) 1分47秒0
2着 4枠7番:キャトルフィーユ(2番人気) クビ
3着 7枠14番:フィロパトール(16番人気) 1馬身
4着 1枠1番:ウインプリメーラ(1枠1番) ハナ
5着 5枠10番:トーセンアルニカ(7番人気) ハナ

という結果で、3連複は "45,330円" という高配当になった。

3着のフィロパトールを買っていなかったためにこのレースを取り逃した・・・

ハナ差4着のウインプリメーラ、ハナ差5着のトーセンアルニカが来ても馬券は取れていたのに・・・

とつい"たられば"を言ってしまう弱い自分がいる。


結局は全て、フィロパトールを買っていない自分に責任があるのであって、自分の予想力が足りないことを素直に認めないといけない。

そして、復習することによってのみ予想力は向上していくのだ、と自分に言い聞かせないといけない。


------------------
■ フィロパトールを切った理由
------------------


なぜ、フィロパトールを買わなかったんだろう。

そこには絶対に理由が存在するはず。


自分が3連複を流す相手に選ぶ候補は、次の2つの基準を満たした馬が対象。

 ①過去1年以内に、当レースで連対できるような実績を持っていること
 ②近走の内容がずっと崩れていて、調教の内容が悪い場合は除く


だから、近走で崩れている馬でも半年前に良いレースをした経験を持っていて、調教も普通に動いていれば、その馬は全然人気がなくても買うことにしている。

そうじゃないと、人気のない馬を全部切り捨てることになってしまうから・・・。


だけど、フィロパトールの近走成績を見てみると、確かに前走、前々走だけ見たら相手候補には推せない。

しかし、3走前に中山で1000条件のレースを良い勝ち方しているんだよね・・・

それに、調教内容はというと南Wコースできっちりと良い時計出しているし・・・。

結論を言うと、

「あれ? なんで買わなかったの?」

ということになってしまった・・・(-_-;)。

言い換えれば、これは単なる自分のミスだった。

買うべきはずの馬なのに、買ってなかったというミス。

「なぁにぃ~(゚д゚)!、やっちまったな~」

今回もやってしまいました。こういったミス。


きっちり予想してなかったり、ミスをしていたりすると、絶対に競馬の神様は微笑まない。

なんか分からないけど、このことは本能的に知っている。

だから、きっちりと予想しないといけない。


まぁ、自分のミスで450倍という高配当を逃した訳だけど、

きっちり振り返ることで、次からミスをなくしていこう。


またまた高い勉強代になってしまったよ(^^;)。

【調教展望】4月27日(日)東京11R フローラS(G2)

【予想】逃げ粘れるか?『京都12R ダート1800m戦の3連複勝負【自信度○】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿