4月26日(土)の京都のメインレースは「錦S」

1600万クラスの芝1600mのハンデ戦で、頭数は14頭。

ハンデ戦ということもあり、調教の動いている軽量馬なんて狙ってみたいところ。

きっとりと見極めて、馬券に繋げたいね。


<4月26日(土)錦Sの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 アイウォントユー 4/23 栗坂 52.7 - 39.2 - 26.1 - 13.5 一杯
2枠 2番 ゴールドベル 4/23 栗坂 52.9 - 38.2 - 24.8 - 12.4 馬なり
3枠 3番 ダローネガ 4/23 栗坂 55.7 - 40.5 - 25.8 - 12.6 一杯
3枠 4番 ベステゲシェンク 4/23 美坂 54.6 - 39.8 - 26.2 - 13.4 馬なり
4枠 5番 ダイナミックガイ 4/23 栗坂 53.2 - 38.9 - 25.5 - 12.8 馬なり
4枠 6番 ダノンミル 4/23 栗坂 53.4 - 39.5 - 25.8 - 13.0 一杯
5枠 7番 オーシャンカレント 4/23 DP 67.5 - 51.1 - 36.5 - 11.1 一杯
5枠 8番 トーセンソレイユ 4/23 CW 67.7 - 51.8 - 38.3 - 12.0 馬なり
6枠 9番 ニシノカチヅクシ 4/23 栗B 81.7 - 66.4 - 51.6 - 38.2 - 11.6 G強
6枠 10番 シェルビー 4/23 栗坂 54.7 - 39.9 - 25.7 - 12.6 馬なり
7枠 11番 ヤマノレオ 4/23 CW - - 53.4 - 38.2 - 11.8 馬なり
7枠 12番 メイショウヤタロウ 4/23 CW 84.4 - 67.9 - 52.3 - 38.1 - 12.2 馬なり
8枠 13番 ハーキュリーズ 4/23 CW 84.9 - 68.7 - 53.0 - 38.8 - 12.1 強め
8枠 14番 ノーブルディード 4/23 栗坂 53.4 - 39.0 - 25.8 - 13.1 強め


【◎ピックアップ!】

(2枠2番:ゴールドベル)
前走勝ちの後も順調の一言。
中間も坂路で順調に乗り込まれ、2週続けて52秒台をマーク。
そして、今週はラスト1ハロンを12.4秒を馬なりでマーク。
暖かくなって体調が上向いてきている証拠だろうか。
狙ってみたい1頭。


(4枠5番:ダイナミックガイ)
特段速い時計を計時している訳ではないが、レース間隔を2ヵ月取り、
中間は坂路でみっちりと乗り込まれ再調整。
馬なり調整でこの馬のペースで無理なくやれているところに好感が持てる。
リフレッシュ効果が期待できる1頭。


(5枠8番:トーセンソレイユ)
休み明けの前走を1叩きした効果か、中間の調教内容は終い重点ながら
ラスト1ハロンは好時計を連発。
特段速い時計を出している訳ではないが、3週連続でCWコースで追い切り
が出来ている点に交換が持てる。


(6枠10番:シェルビー)
3ヵ月の間隔を開けての出走。
中間の調教内容も充実しており、1週前の坂路では52.6秒と好時計。
ラスト1ハロンも破格の12.1秒でまとめており、体勢は整ったとみる。
今週は馬なりで終い重点の追い切り。それでも軽快にラスト1ハロンを12.6秒と
まとめており、万全の状態での出走とみる。

【予想】逃げ馬が勝つか、差し馬が勝つか?『京都11R 錦Sの3連複勝負【自信度○】』

【予想】この2強には逆らいませんが、何か?『東京11R メトロポリタンSの3連複勝負【自信度◎】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿