現役競走馬の年齢は、人間に例えると「馬:1歳」に対して「人間:4歳」なんて言われている。

トウカイトリックは今年2014年1月の万葉ステークスまで一生懸命走っていた。

その歳、なんと「12歳!」

人間の年齢に例えると、48歳ってことになるね(汗;)。

一般レースではなかなか見かけることのない年齢の馬だっただけに、ファンもかなり多かったのではないかって思う。


12歳って言いながらも、万葉ステークスでは単勝オッズ4.5倍とまだまだその実力は認められていた。

トップハンデの57キロを背負いながらも4着と大健闘。

トウカイトリックが走り終えると、

「お疲れさま。無事でいてくれてありがとう」

ってそんな気持ちになってたんだよね・・・。



だけど、2014年4月24日(木)にショッキングなニュースが飛び込んできた。

それは、

『誘導馬を目指していたトウカイトリックが死亡した』

というのだ。


思わず「えっ」って声が出た。

そして、なんとも言えない悲しい気持ちになった。

「儚い気持ち」

というのが正しいのかも知れない。

それはきっと、トウカイトリックがレースに出るたび、その勇士に感動と勇気を与えてもらっていたからだろうって思う。

突然の早世、誘導馬になる夢を叶えて欲しかったな・・・素直にそう思った。



生涯成績は63戦9勝。

G1勝ちはないけれど、G2勝ちは"ステイヤーズS"と"阪神大賞典"を勝っており、G3勝ちは"ダイヤモンドS"という実績を持っていた。


トウカイトリックが最後に勝利を挙げたのが、2012年のステイヤーズS(G2)。

当時10歳での出走だったけど、強い勝ち方だったのが印象的。

(レース映像:2012年ステイヤーズS)



 ⇒ トウカイトリックの全競走成績はこちらをクリック


この世に生を受けて、注目される馬の方が圧倒的に少ないはずなのに、

特別に強かったという訳でもないのに、

これだけ注目されて現役を退けたのは、トウカイトリックは幸せ者だよね。

天国から、競馬界をそっと見守ってくださいな。


そして最後にもう一度、

「たくさんの感動をありがとう」

メキメキと力をつけている2人の若手ジョッキーの軌跡

【データ】東京2000mでもディープ産駒! データから見るフローラステークス(G2)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿