「難波Sの予想に2時間も掛けて、デウスウルトから流しといて万馬券を取り逃した奴がいたんですよ~。」

「な~に~っ(゚Д゚;)! やっちまったなー!!」


4月20日(日)の阪神のメインレースの「難波S」を振り返りたいと思う。

このレースはまさにクールポコ状態だった。

(懐かしいね、最近見ないけど・・(^^;)



「難波S」は、やっちまったっ・・・。

(レース結果)
1着 2枠4番:マコトブリジャール(7番人気) 1分45.7秒
2着 4枠8番:デウスウルト(3番人気)
3着 3枠6番:ドリームトレイン(10番人気)


という結果で、3連複は "29,540円" と万馬券配当。

このレースは軸馬にデウスウルトを選んでそこか9頭の馬に流していた。

⇒ 事前の予想はこちらをクリックしてくだされ。


馬券は3連複で買っていて、買い目はこんな感じで買っていた。

(3連複フォーメーション)
8 - 1,3,4,5,9,10,11,12,16 (36通り)


見ての通り、3着の6番が抜けている。


「10番人気だし、こんなレース取れないよ~・・・」

なんて言ってたら、何も始まらない。

確かに、人気薄の馬を全頭買っていれば取れるけど、それでは点数が多くなり過ぎて話にならない。

だから、人気薄の馬だろうが、人気がある馬だろうが、選考基準を明確にさせて選び出さないといけないよね。


今現在、予想するにあたって19個のファクターを駆使して予想を組み立ててるんだけど、

ファクターがたくさんあるから、それぞれのファクターの優先順位をどうやって比較するか非常に難しいんだよね。

「あと1歩で万馬券取れたのに~!!」

っていうレースでしっかり復習してその精度を上げていくしかないって思ってる。


いっつもJRAに高い勉強代を払ってるけど、いつか返してもらうからね(´▽`)


-----------------------------
■ 3着:ドリームトレイン(10番人気)を買う理由を探る
-----------------------------


近走の成績だけに着目していたら、さすがに即外しだよね。

自分の経験上のことだけど、

☆過去1年以内に、好走レースが1つでもあれば、いつ激走するか分からない

って思う。


このドリームトレインに関しても、2013年7月、5走前の「不知火特別」というレースで好時計で1800m戦を勝っている。

その後、4走は凡走続きだけど・・・。


どこに一番着目しなきゃいけないかって、

『好走していた時のような状態にあるか?』

っていうことだろう。


ということは、ファクターで大事なのは、極めて簡単。

『調教』だ!


ドリームトレインの当週の調教内容を見てみると、

(栗坂) 50.9 - 37.2 - 24.6 - 12.5 (強め)

という内容でめちゃめちゃ動いていた。

これだけ動いていたら10番人気じゃなくてもいいのにって感じだよね(^^;)。

要は、好走していたときの状態に近づきつつあったということだろう。


そして、結果は3着。

これでもうはっきりした。

『調教が異様に動いている馬は、無条件に相手候補にピックアップする!』

ってことだ。


至ってシンプル。また勉強になった。


ただし、「軸馬」を選ぶ際に、必ずしも調教が動いている必要はない。

ここが難しいところだけど、混同しないようにしよう。



来週から、東京・京都に開催場を移すけど、上記の内容は普遍だろうと思う。

だから、楽しみ(^^)。

早く万馬券を量産する日が来ることを願って。

【プレイバック】2010年マイラーズカップ(G2)

皐月賞組からダービーに繋がる馬ってどの馬?

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿