今日で阪神・中山の最終開催となるから、最終レースまでみっちりと予想をしたいと思う。

それにダート戦は自分にとって芝のレースよりも明解な感じがしている。

予想の段階で時計の比較が可能だと思っているし、意外とそれで万馬券を的中させている。

⇒ ダートの競馬場・距離別の勝ち馬平均タイムの一覧はこちらをクリック


話はちょっと逸れちゃったけど、阪神の最終レースは1000万クラスの2000mダート戦。

定量戦の13頭立て。頭数は多くないけど、混戦の様相を呈している。


まずは予想の前の前提条件の確認と。

・2枠2番:ケイジータイタン(ブリンカー)
・4枠4番:リーゼントブルース(ブリンカー)
・8枠13番:ダイワテッセー(初ダート)

と3頭に条件付き。

ケイジータイタンは前走ブリンカーを外して今回は再着用という。

やはりブリンカーを着用していた方が集中力が増すのだろう。要注意の1頭かも。

リーゼントブルースは何走も前から着用しているので、今回の上積みは特にないだろうとみる。

そして、もう1頭はダイワテッセー、初ダート参戦。芝で結果が滞ってるけど、大差で負けている訳ではないので、ここでは怖い1頭だと思う。

後は適性面がどうかだね。


さぁ、展開予想に移ろう。

逃げるのは、おなじみの4枠4番のリーゼントブルースだろう。

番手にケイティバローズ、デジタルハーツ、エアラギオールあたりがつける展開になると思う。

リーゼントブルースあまり速い逃げではないから、展開が遅いようだと、後ろの馬がすぐにつついて自分のレースが出来ない可能性もある。

だから、前走のような2400m位が一番合ってるのかもね。


それに阪神は中山に比べて上がりが少し速い気がするから、リーゼントブルースにとってはコース替わりはプラスにならないだろうね。


ペースは少し遅いくらいになるとみるので、走破時計は2分7秒前後くらいになるのかなって思う。

展開的にしっかりと脚を溜めることができるだろうし、ここはラスト3ハロンの上がりタイムを持っている馬を中心に選び出したい。


・3枠3番:コスモメルハバ
・4枠4番:リーゼントブルース
・5枠7番:エアラーテル
・6枠8番:デジタルハーツ
・7枠11番:クラージュドール
・8枠12番:エアラギオール

この上記の6頭が優秀かと思って選び出したが、特段切れ味鋭いといった馬はいない。

さらに絞り込むためには、ある種決断が必要だし、

ここは逃げ一手で小細工なしの

 ・4枠4番:リーゼントブルース

を軸に決定したいと思う。

決め手は【連闘】というファクターも後押ししている。

それだけ調子が良い証拠なのだろう。


馬券は3連複で以下のように購入。

(3連複フォーメーション)
4 - 7,8,11 - 3,6,7,8,9,11,12,13 (18通り)



楽に逃げさせてもらえるか分からないけど、状態の良さでカバーして欲しい。

後は、鞍上が松岡から藤田に替わるけど、そこまで心配はしていない。

がんばって乗りこなして欲しい。

間接的に三浦大輔の応援も兼ねて。

【次走動向】有力馬の次走予定(2014/04/21時点)

【予想】なんやかんやで実績馬から!『中山12R 春興Sの3連複勝負【自信度◎】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿