メインレースの皐月賞の1つ前は中山10R「オルフェーヴルカップ」。

ダートのオープンクラスで1200m戦のハンデ戦に14頭が参戦。

快速馬たちがどのようなレースをするのか、予想をしていこう。

⇒ 中山10R「オルフェーヴルカップ」の調教内容はこちらをクリック

中山の短距離戦って、ハナからビュンビュン飛ばしていく印象があって、

いつも

「前半速くない?」

なんて思いながらレースを見てる気がする。

だけど、中山コースは特別だよね。

消耗戦になることが多くて、上りタイムが掛かっても粘り込むことができる競馬場だし、力のある馬が勝つ仕様になっていると思う。

その点を考慮すれば、予想の目処が立てやすい競馬場なのかな、なんて思う。


話が逸れそうになったけど、予想、予想(^^;。

ブリンカー着用や初ダート参戦などの条件を持ってる馬は特になし。



次は展開予想。

これといった逃げ馬は見当たらないね。

前走、番手でレースをしていた3枠4番マルカバッケンもしくは8枠14番コレクターアイテムあたりが行くのかな。

前半3ハロンは34秒台かなと。33秒台にはならないとみる。


ということは、平均ペースもしくはスローの展開が濃厚だよね。


昨日のレースを見ている限り、ダートの1200m戦は時計が速い。

だから、このレースの走破時計はある程度速くて、1分10秒後半くらいなのかなって思う。


軸馬候補として要求したいのは、「ある程度の位置を確保しながら終いも多少鋭い脚を使える馬」がいいなと思う。


その観点で見ると、1頭だけピックアップできる馬がいた。

 ・5枠7番:ダッシャーワン

この馬は、1200mダート戦では安定してラスト3ハロンを36秒台で上がっている。

今回のメンバーは差し馬が多くて、ラストを35秒台で上がってくる馬もいるだろうが、

確実に鋭い脚を繰り出せる馬がいるかというと疑問が残る。

よって、前で抜け出して3着までには粘り込む力があるダッシャーワンで軸は決まり。


相手の筆頭候補は、叩き2走目となる3枠3番ヘニーハウンド、8枠13番デュアルスウォード。

そして、リフレッシュ効果が期待される7枠12番サウンドガガ。


馬券は3連複で以下のような買い目で購入しようと思う。

(3連複フォーメーション)
7 - 3,12,13 - 1,2,3,4,5,6,9,10,11,12,13,14 (30通り)



混戦のレースは1頭人気薄の馬が突っ込んで来るケースが多いので、押さえは広めに。


ダッシャーワンには安定した先行力を見せて欲しいと思う。

がんばれ! 戸崎!

目指せ! リーディング!

【予想】直線抜け出してくるのはこの馬だ! 『阪神11R 難波Sの3連複勝負【自信度○】』

【調教展望】4月20日(日)阪神11R 難波S

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿