中山の最終レースは1000万クラスのダート1200m定量戦。

今日は多頭数で混戦模様のレースが多いような気がする。

このレースも出走メンバーを見渡すと、力関係を慎重に洗い出さないといけないなって感じがした。


まず予想の前に前提条件の洗い出し。

・3枠6番:ディアイレイザー(ブリンカー)
・5枠9番:ヴィクタシア(ブリンカー)
・6枠12番:ジェイケイホーム(初ブリンカー)

3頭の馬がブリンカー着用。

6枠12番のジェイケイホームは初ブリンカーだけに要注意だ。


次に展開予想。

逃げるのは、1枠1番ピュアアイズか2枠4番エーシングリズリーあたりか。

ピュアアイズはここ2走前半3ハロンを33秒台で行っているだけに、ここも自分のペースで行くのかなって感じがする。

そうなると、ペースはハイペースか平均ペースで、スローにはならないだろうと思う。

走破時計も1分11秒台での決着になるのでは。

と持ち時計の面で全頭を見てみると、コンスタントに1分11秒台で走れるのはピュアアイズだけかと。

よってあっさりながら、

 ・1枠1番:ピュアアイズ

が軸馬に決定!

前走もきつい流れで4着に粘っていたし、今回はもう少し楽に行けるのではないかと思う。

相手候補も実力は拮抗していると思うので、10頭選んでみた

(3連複フォーメーション)
1 - 3,6,7,8,9,10,11,12,15,16 (45通り)


ちょっと点数は多いけど、万全を期したつもり。


力みなく逃げ切って欲しいね

がんばれ! 勝春!!

先週の反省その1『阪神12R梅田ステークス』

【予想】先行して力のあるこの馬を信頼! 『中山11R 春雷Sの3連複勝負【自信度○】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿