明日13日の日曜日の天気予報は雨から曇りへと変わっている。

やはりG1だし、良馬場で施行されることに越したことはない。

今の阪神コースは馬場状態も悪くないし、全然時計勝負が可能な舞台となっている。

強い馬がどんな勝ち方をしてくれるのかが、やはり一番みたいところでもある。

天気も気になるところだけど、チェックすべきはやはり馬の体調。

⇒ 桜花賞(G1)の調教展望はこちらをクリック


断然の1番人気はハープスターだけど、調教面から見てもまったく問題はない。

枠順も大外だし、包まれる心配もない。

位置取りも最後方からでも、全頭あっさりと差し切るくらいの脚は持っている。

何も心配はいらないと思う。


3歳戦ということもあり、ファクター予想では組み立てができない。

まだまだキャリア不足ということと、成長途上であるから、やはり頼るべきは「血の力」。


そうやって血統面を見ていくと、

ここ3年間は父がディープインパクトで母系がノーザンダンサー系の馬が勝利を飾っていた。

更なる共通点は、ノーザンダンサーのインブリードがあったということ。

そして、今年は、ディープインパクト産駒は「ハープスター」だけであり、

母系もノーザンダンサー系であるということも共通している。

さらに、ノーザンダンサーのインブリードももちろんある。

プラス、現時点での完成度も加味すれば、

・8枠18番:ハープスター

の軸は揺るがないものとみる。


同じような血統背景を探ってみると、以下の5頭も似たようなニックスとなっていた。

・2枠4番:ペイシャフェリス
・4枠8番:シャイニーガール
・5枠10番:ヌーヴォレコルト
・6枠12番:レッドリヴェール
・7枠14番:マーブルカテドラル


よってこの5頭を相手候補に今回は、点数が多くなるが3連単で勝負をしようと思う。

馬券の購入は以下の通り

<3連単馬券>
(1着固定)18
(2着固定)4,8,10,12,14
(3着固定)総流し

この買い方をすると、全部で80通りとなる。

まぁ、3着には何が突っ込んでくるかは分からないので、確実を期すために全部買っておくことにする。

意外とこれでもプラスになる組み合わせの方が圧倒的に多いので、

的中すればそれなりに期待することができる。

何よりも、ハープスターがどんな勝ち方をしてくれるかが一番の楽しみだ。

兎に角、無事に周って来てほしいね。

がんばれ! 川田。

【調教展望】4月13日(日)阪神10R 大阪ハンブルクC

【予想】昨年の覇者に今年も期待!『阪神10R淀屋橋Sの3連複勝負【自信度○】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿