土曜日の阪神の10Rは 淀屋橋S。

1600万クラスの芝1200mの定量戦に16頭が参戦。

短距離で多頭数だけに、出遅れなんかはすごい致命的なことになるね(^^;。

淀屋橋Sの調教展望はこちらをクリック


さて、まずは前提条件。

・2枠3番:シルヴァーグレイス(ブリンカー)
・4枠7番:マッキーコバルト(ブリンカー)

の2頭がブリンカー着用。



今回に限り特別な効果を見込めるということ訳ではない。


次に展開予想。

2枠4番のシゲルアセロラが行くのか、3枠5番のメイショウイザヨイが行くのか、といったところか。

番手に1枠1番テイエムタイホーや8枠16番ルナフォンターナと続く流れとなるだろう。

前に行きたい馬が何頭かいるから、ペースは遅くはならないだろうと読む。


午前中のレース結果を見ている限り、時計は速い。

芝が思った以上に傷んでないんだろうなって感じ。

だから、このレースも走破時計はある程度速くなるんじゃないかと思う。

推定タイムは1分8秒を割るくらいではないかと予想する。


となると、まず選び出す馬としては、ある程度の位置につけられて、

時計勝負が大丈夫な馬が軸馬には相応しいと思う。

となると、

・1枠1番:テイエムタイホー
・2枠4番:シゲルアセロラ
・3枠5番:メイショウイザヨイ
・3枠6番:メイショウツガル
・4枠7番:マッキーコバルト
・5枠10番:ビキニブロンド
・8枠16番:ルナフォンターナ

上記の馬あたりが時計勝負も歓迎といった感じがする。

人気のアグネスウィッシュは、時計が速くなると、着順が悪くなっている傾向が見られるので、

現在の阪神コースには少し不向きかも知れない。


正直、力関係の差はそんなにみられないと思うので、

ここは、【実績】【近走安定感】【コース相性】などのファクターを考慮すると、

前年にも同レースを勝っている

 ・1枠1番:テイエムタイホー

を軸に選ぶのが妥当かと。

前走は重馬場であったため、除外して考えると成績は安定している。

使い詰めで来ているが、距離もロスなく運べる1枠は何よりの利点か。


馬券は荒れることも見込んでいるのでテイエムタイホーから手広く

3連複で勝負する。

(3連複フォーメーション)
1 - 2,3,4,5,7,9,10,14,15,16 (45通り)


短距離戦は、展開予想が難しいが、

これも経験しかない。

外れたら、また反省すれば、それで良し。

がんばれ! 松山!

【予想】血の力には逆らわない! 『阪神11R 桜花賞(G1)の3連単勝負【自信度○】』

距離短縮でも33秒台の末脚で豪快に! 『阪神11R阪神牝馬S(G2)の3連複勝負【自信度◎】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿