中山の最終レースは500万クラスのダート1200m戦の16頭立て定量戦。

メンバーを見渡すと非常に難関なレースであるように思う。

500万クラスということもあり、まだまだ成績が安定していない馬が多い。

やはり気性面の問題を抱えていたり、体質面の問題を抱えていたりとそれぞれに事情があるのだろう。

少ない情報の中からも、判断を下していかないといけない。

だから、競馬って難しいよね。

でも、上手く情報を拾って、万馬券を仕留めたときなんて、

”ちょー気持ちイーっ!”

ってなるからやめられない。。。


そんなこんなで、まずは前提条件。

・2枠3番:ジャングルターザン(ブリンカー)
・4枠8番:マリーズミイ(ブリンカー)

と2頭がブリンカー着用。

といっても2頭とも初めての着用ではないので、それほど効果を見込める感じではないだろう。


次は展開面。

4枠7番パワフルラリマーか4枠8番マリーズミイあたりが行くのかなという感じ。

その他にも前に行きたい馬が何頭かいるように思うけど、ペース自体は速くはならないのではないかと思う。


だから、中団より前で長く良い脚を使える馬を買いたいと思う。


だけど・・・

成績が安定していないから選択基準が非常に難しい。

よって選択基準をタイムとラスト3ハロンで安定している馬から選ぶことにした。


その観点で選び出すと

・2枠3番:ジャングルターザン
・3枠6番:ミラクルピッチ
・5枠10番:デルマダイコク
・6枠12番:セイントチャンス
・7枠14番:シークレットアーム

が安定して走れているの思われる。

より安定感があり、中山の最後の坂でもバテずにレースをしてくれるのではないか。

更にこの中で中山1200mで安定してそうなのは、

 ・6枠12番:セイントチャンス
 ・7枠14番:シークレットアーム


かなと。

この2頭を軸に決定し、馬券の購入をしたいと思う。

相手候補は、残りの

・2枠3番:ジャングルターザン
・3枠6番:ミラクルピッチ
・5枠10番:デルマダイコク

を筆頭に流そうと思う。

馬券は以下の買い目で購入した。

(3連複フォーメーション)
12,14 - 3,6,10,12,14 - 3,6,8,9,10,11,12,15 (44通り)


点数は多めだけど、なるべく網羅するようにしたかったので、

このような買い目に。


予想もまだまだだけど、馬券の買い方ってのも研究していかないといけないなぁ。

結局、縦目で取り逃したりとか結構あるからその点を意識していこう。

最終、締めくくりたい!

解き放たれたタイミングを馬が知っている! 『阪神11R 産経大阪杯(G2)の単勝勝負!【自信度○】』

このレース、確実に仕留めたいね。 『阪神10R:仲春特別の3連複勝負!【自信度◎】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿