・ジェンティルドンナ(牝5)
ドバイシーマクラシック(G1)を力強く差し切って優勝したジェンティルドンナは次走、6月29日(日)宝塚記念(G1)へ出走予定。


・ベルシャザール(牡6)
ドバイワールドカップ(G1)で見せ場なく11着に敗退したベルシャザールは次走、7月27日(日)のエルムS(G3)へ出走予定。


・コパノリチャード(牡4)
高松宮記念(G1)を3馬身も差をつけ圧勝したコパノリチャードは次走、5月17日(土)の京王杯SC(G2)へ出走予定。


・ウインバリアシオン(牡6)
休み明けの日経賞(G2)を快勝したウインバリアシオンは次走、5月4日(日)の天皇賞春(G1)へ出走予定。


・ラストインパクト(牡4)
日経賞(G2)で3着と好走したラストインパクトは次走、5月4日(日)の天皇賞春(G1)へ出走予定。


・フェノーメノ(牡5)
故障明けの休み明けで日経賞(G2)5着となったフェノーメノは次走、5月4日(日)の天皇賞春(G1)へ出走予定。


・ゴールドシップ(牡5)
阪神大賞典(G2)で見事な復活劇を遂げたゴールドシップは次走、5月4日(日)の天皇賞春(G1)へ出走予定。


・アドマイヤラクティ(牡6)
阪神大賞典(G2)では調教本数に不安を残しながらも2着に好走したアドマイヤラクティは次走、5月4日(日)の天皇賞春(G1)へ出走予定。


・ホエールキャプチャ(牝6)
東京新聞杯(G3)を57キロを背負いながらも快勝したホエールキャプチャは次走、5月18日(日)のヴィクトリアマイル(G1)へ出走予定。


・ヴィルシーナ(牝5)
東京新聞杯(G3)では、見せ場なく11着に沈んだヴィルシーナは次走、4月12日(土)の阪神牝馬S(G2)へ出走予定。


・デスペラード(牡6)
京都記念(G2)をうまく逃げ切って勝ったデスペラードは次走、5月4日(日)の天皇賞春(G1)へ出走予定。


・トーセンラー(牡6)
京都記念(G2)では逃げたデスペラードを捉えきれず2着となったトーセンラーは次走、5月17日(土)の京王杯SC(G2)へ出走予定。

競馬初心者が自分で予想して万馬券をゲットするには、ダート戦からチャレンジするべき?

【プレイバック】抜けそうで絶対に抜かせない。2008年産経大阪杯(G2)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿