このレースはまったくの大外れをこいてしまったレース。

振り返ってみれば、当たり前だったんだけど、完全に軸馬を間違えていた。

そして、このレースで1つの気付きと1つの反省事項があったのでしっかり振り返っておきたいと思う。

⇒ 事前予想はこちらを見てくだされ


ちなみに出馬表はこちら

⇒ 『阪神10R:なにわSの出馬表』


阪神のダート1200m戦の13頭立ての定量戦のレース。


購入した馬券は軸馬を1番人気の6枠8番:ドリームコンサートにしたから、結果は大外れ。

直線は全然伸びずに8着に沈んじゃったよ(T_T)。


(レース結果)
1着:7枠11番:ダノンレジェンド(4番人気) 1分11秒3
2着:6枠9番:エリアコンプリート(6番人気)5馬身
3着:7枠10番:シゲルスダチ(5番人気)1馬身1/4


8着:6枠8番ドリームコンサート(1番人気)


結果は、ダノンレジェンドの圧勝だったという・・・。


予想が外れるときって脆いもんなんだけど、反省して振り返る観点としては

①なんで6枠8番:ドリームコンサートを軸馬に選んだのか
②なんで1着に来た7枠11番:ダノンレジェンドを軸にできなかったのか

ということをしっかり見つめ直しておかないといけない。

ここを解明しておかないと、次に繋がらないからね。



まずは①から見ていこう。

----------------------------
なんで6枠8番:ドリームコンサートを軸馬に選んだのか
----------------------------


ドリームコンサートを軸馬に選んだ理由はやはり実績が1番だから。

メンバーを見渡しても安定した脚を使えるし、持ち時計も上位の部類に入っているし、特に問題はないかと。

心配な点を挙げるなら、約5ヵ月振りのレースであるということだった。


休養明けで好走する馬のパターンをずっと眺めてきたのだけれど、

共通して言えることは、調教にある程度の共通点があった。

それは、次の2点。

・一杯に追われている場合は、ラスト1ハロンは好時計
・馬なりの調教の場合は、反応を見るような内容であればOK

という好走パターンの自分なりの見解を持っていた。

だけど、この1番人気のドリームコンサートは、最終追い切りでは

【栗坂】51.5 - 38.2 - 25.7 - 13.5 一杯

という時計で、一杯に追われていながら、ラストはバテ気味の時計。

これだと、リフレッシュされた状態とは言えないんだよね・・・。


分かっていながらも軸馬にしてしまった自分に

『喝つだぁ~!!』

張本さん、私を叱ってください。

とまぁ、ドリームコンサートを軸馬にしない明確な理由はちゃんとあった訳。



そして②を見てみよう。

------------------------------
なんで7枠11番:ダノンレジェンドを軸にできなかったのか
------------------------------


次は、1着だった7枠11番:ダノンレジェンドについて。

この馬は、1200m戦を今まで使ったことがなかったんだよね。

前走は1400m戦を勝ち上がっての昇級戦だったんだけど、持ち時計が意外に平凡だなぁなんて思っていた。

2走前は1600m戦。3走前も同じ。4走前は1800m戦。って感じで尺が測りにくかった。

だけど、よく見てみると近走では、ラストの3ハロンはかなり良い脚を使っていたんだよね。

普通に考えれば、距離が短縮したら、もっと鋭い脚が使えるのではないかと推測できる。

逆は然りで、距離が延長したら、鋭い脚が使えなくなる可能性はあるんだけどね。


結果、1400mや1600m戦で鋭い脚を使っていたのが、さらに距離が短くなって

より豪快な脚を使うことができたんだね。


今更ながら、なんでここを見落としたんだろうと思う。

しかも明け4歳でまだ成長が見込める段階でもあるのに・・・。

と、ダノンレジェンドを軸馬に推す明確な理由はちゃんと潜んでいた。

ちゃんとメモっておいて、ファクターに追加しなきゃ。



「ん~、取れないレースじゃなかったな・・・」

そう思いながら、振り返ってみると2つの発見があって良かったと思う。


冴えない予想をしているときはこんなもの・・・

自分の不甲斐なさを気にしちゃいけない。

前進あるのみ・・・

【プレイバック】カナロアの後継馬は誰だ? 2013年高松宮記念

【次走動向】有力馬の次走予定(2014-03-23時点)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿