フラワーカップは、中山メインの11R芝1800mの牝馬限定の16頭立てのレース。

斤量は別定戦になるから、重賞勝ちのある5枠10番のクリスマスだけ他馬より1キロ背負うことになっている。


通常のレースでは、ファクター予想をしているのだけど、3歳戦等はキャリアが足りていないのでファクター予想はうまくはまらない。

なので、このレースは、体調が良い馬と過去のデータに照らし合せて馬券対象となりそうな馬をピックアップしてみたいと思う。


フラワーカップ(G3)の調教展望はこちらをクリック


上記の【調教展望】では4頭をピックアップした。

それに加えて、中山1800mで活躍している騎手と種牡馬をピックアップ!

(ちなみにデータは2011年から蓄積されたものを使用している。)


【騎手:勝率】
1位:25.0% 戸崎圭太
2位:14.5% 石橋脩
3位:12.9% 後藤浩輝

勝率は圧倒的な数値で戸崎Jだね。
今年は好調だし、やはり要注意かな。


【騎手:複勝率】
1位:42.5% 戸崎圭太
2位:40.0% 武豊
3位:38.7% 後藤浩輝

複勝率もやはり戸崎J。
勝率では台頭していなかったが、2位には武豊Jが
ランキングしているのも面白い。


【種牡馬:勝率】
1位:15.4% ネオユニヴァース
2位:14.9% ディープインパクト
3位:11.1% バゴ

種牡馬の勝率は1位でも10%台と信頼に足るまでの数値ではない。
ただ、ネオユニヴァースとディープインパクトの有力どころであれば
無視はできないだろう。


【種牡馬:複勝率】
1位:44.4% ブライアンズタイム
2位:34.5% ディープインパクト
3位:30.8% シンボリクリスエス

複勝率になると、諦めず堅実に走る馬が台頭してくるということで、
ブライアンズタイムが44.4%と2位のディープインパクトを
約10%も引き離している。要チェックや!



とここまで見れば、騎手では戸崎Jが優秀。

種牡馬ではディープインパクトかなって感じだよね。


 ≪単勝馬券の推奨≫
2枠4番:リーサルウェポン(戸崎圭太)父:ディープインパクト
6枠12番:マローブルー(石橋脩)父:ディープインパクト



 ≪複勝馬券の推奨≫
2枠3番:チョコレートバイン(武豊)父:ディープインパクト
5枠9番:マイネグレヴィル(柴田大知)父:ブライアンズタイム



といった感じかな。

このレース、ディープインパクト産駒が5頭も出るんだね。

3枠5番のショウナンパンドラなんかも有力どころだし、ディープ祭りになるかもって感じだね。

このレースは、桜花賞だけじゃなく、オークスも見据えた見方が出来るし、

楽しみな1戦だね。

【調教展望】3月22日(土)ファルコンS(G3)

【調教展望】3月21日(金)フラワーカップ(G3)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿