2月22日(土)の京都7日目の11R、斑鳩S(1600万条件クラス)を振り返りたいと思う。

芝コースの外回り、1400mの11頭立て。

(出馬表はこちら↓)
【京都11R:斑鳩Sの出馬表】


このレースは完全に寝ぼけていた。

出馬表を見返すと、

「なんでアドマイヤドバイを軸にしなかったんだろうか?」

という言葉しか出てこない(;_;。


自分の中の何かがズレているときってのは、何をやってもダメだ。

ちなみに、軸馬は1枠1番:ダンツカナリーを選んでしまった・・・。

アドマイヤドバイの人気が1本カブリだったから、どっかで欲が前面に出ていたんだと思う。

一番ダメなパターン。

持ち時計、上り、明け4歳、距離短縮、とまぁ全てにおいて勝利のベクトルはアドマイヤドバイに向いていたのに、逆行した選び方をしてしまった・・・


猛省・・・(-_-;)


とまぁ、過ぎ去ったことは忘れることにして、このレースにはまだ先がある。

アドマイヤドバイの複勝は確実にゲットするってことが前提で、その先の3連複馬券をゲットするってこと。


3連複を買ってる人は、意外にこのレースは難しく思ったんじゃないだろうか。

軸馬すら当たらなかった自分が言うのも変なんだけど、そこは勘弁してね。


なぜなら、2着に突っ込んで来たのが11頭立ての10番人気のサカジロロイヤルだから。

そして、3着も9番人気のハングリージャックなんだから。

(レース結果)

1着:4枠4番 アドマイヤドバイ(1番人気) 1分20秒8
2着:3枠3番 サカジロロイヤル(10番人気)
3着:6枠6番 ハングリージャック(9番人気)

とまぁ、11頭立てのガッチガチの1番人気が来たにも拘わらず、

3連複配当は 23,680円 とかなりオイシイ配当になった。

こういったレースを確実に仕留めていかないと、プラス領域にはならないだろうなって気がする。


さぁ、ここからが万馬券をゲットするための重要なファクター検証。

サカジロロイヤルが教えてくれているデータを紐解こうと思う。

出馬表を見ても、過去5走の内容からはとても買えない・・・

でも、何かがある・・・


諦めたらダメだよね。


目を向けるべきところは、サカジロロイヤルは4か月振りの出走だということ。

そして、調教が動いていたということ。

この2点の組み合わせってのは、好走する重要なファクターではないかってことだ。

言い換えれば、

【リフレッシュ効果】

って言えるはず。


近走の成績を見れば、サカジロロイヤルは人気がなくて当たり前。

だかど、馬の状態面を考慮すれば、馬券としては押さえる必要がある、ってことだよね。


同様の検証として、翌日の東京の10RのアメジストSで

5カ月ぶりに出走してくる、ブリッジクライムっていう7番人気の馬がいたんだけど、

調教は動いていて、サカジロロイヤルみたいな条件の馬がいた。

そう思って複勝馬券を購入してみた。

そしたら、見事3着に突っ込んで来たんだよね!!


正直驚きだった(@_@)。

「お~、マジで来たわ」

って。


まだまだ蓄積していくデータは必要なんだけど、このファクターは、3連複を購入する際には

相手候補の1頭として押さえておかないといけない、ということが言えると思う。


そして、3着のハングリージャックについてだけど、

これは、単純に前2走の内容が悪くないから押さえないといけない。

特に前走ではスタートで少し立ち上がって位置取りが後方になっているだけに、

ここでは見直しの1戦となる。

よって、ハングリージャックは押さえやすいはずだ。


というセオリーで3連複馬券をゲットしていかないといけないね。


今週から阪神・中山コースに開催場が変更されるけど、経験上、ファクター予想は特に競馬場を問わない。

だから、要は自分が偏った見方を如何にしないか、ってことが重要。


オッズに惑わされず、欲を出さずに予想しないとね。

今週もみんなでがんばろう!

【プレイバック】2006年:中山記念(G2)- 重馬場になれば、逃げ馬の出番?

結果はマイナスも収穫あり。「2月22(土)・23(日)の複勝勝負の結果」

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿