東京競馬は無事に開催されそうで、何よりと言ったところだね。

そして、今週はフェブラリーS(G1)が日曜日には待っている。

その前の土曜日は、ダイヤモンドS(G3)。

長距離の芝のレースで混戦が予想されるレースだけど、フェブラリーSに弾みをつけるために、

しっかりと射止めておきたいね。


東京の芝コースは8日目までは全てDコース使用ということで、状態は良好なのだそう。

となると、ハンデ戦だし、実力がぶつかり合うレースとなりそうだね。

長距離ということで、思わず血統が大きく関係してるのか?

なんて思ってしまうかもしれないけど、キャリアを多く積んだ馬ほど、より近走の内容を重視した方が馬券には絡むように思う。


それでは、予想していこう。

東京コースの芝3600m、11頭立てのハンデ戦。

まずは、前提条件だけど、特にブリンカー着用の馬や初芝の馬などはいない。


次は展開。

3600mということもあり、基本的にはスローペースになるだろう。

メンバーを見渡してみても、逃げるのは、6枠7番ラブラドライトだろうね。

斤量も50キロと軽いし、前々で競馬をしたいのは間違いないだろう。


スローを予想するも、ファイアーがちょっとロングスパートしそうな雰囲気があるから、問われるのは総合力。

その観点で絞ってみると、

・1枠1番フェイムゲーム
・4枠4番セイクリッドバレー
・6枠6番アドマイヤバラード
・6枠7番ラブラドライト
・8枠10番タニノエポレット

となる。

いきなり5頭に絞れたけど、完全に上位拮抗。


次なるファクターは、

【馬齢(明け4歳)】、【実績(過去1年)】、【叩き2走目】、【スローペース時の軽量馬】、【コース経験(相性)】というファクターで絞っていくと、

実績面、馬齢で

・1枠1番フェイムゲーム

が選択される。


実績面はこのメンバーの中でグレードレースを勝っていて

前走でもG2で3着と申し分ない。


しかし、その他の

【叩き2走目】、【スローペース時の軽量馬】、【コース経験(相性)】

の3つを総合してみると、

・6枠6番アドマイヤバラード

になる。


・1枠1番フェイムゲーム
・6枠6番アドマイヤバラード

の2頭に絞れた訳だけど、ん~、ここからも迷うね。


複勝勝負をするので、どちらか1頭に絞りたい。

この2頭の位置取りだと、アドマイヤバラードが前目に位置するだろう。

そして、斤量が53キロというのはとても魅力。

逆に、フェイムゲームは中山巧者という印象を受ける。

東京の長い直線勝負でドント来い! って感じでもない・・・(^^;。

まぁ、そういったところも加味して、複勝馬券は、

6枠6番アドマイヤバラード

で決まり!

直線ではジワジワ伸びて、3着以内には食い込むだろう。

軽量馬がたくさん出てるレースだけど、

3着までは上位人気の馬で決まるのではないかって思う。


このレースはキッチリ複勝馬券を射止めておきたいね。

頑張れ! 内田。

前走のような感じで乗って欲しい。

【システマ予想】3歳戦で中心となるファクターは何か。『2月22日(土)東京10R:ヒヤシンスSの複勝勝負!【自信度△】』

【ミニコラム】出走回避でよく見かける「フレグモーネ」って?

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿