東京競馬は今日も中止になっちゃったね。

東京新聞杯はメンバーが揃っていたレースだけに、残念だよね。


さて、焦点を元に戻して、2月9日(日)第54回きさらぎ賞(G3)について。

このレースは戦前よりどっちが3連勝をするか、って盛り上がっていた感はあるが、

事前のオッズでは、5枠5番のバンドワゴンが優勢だと思ってる人が多いみたいだね。


例に違わず、前提条件を調べるもこのレースは特にブリンカー着用の馬とかはなし。


展開は、8枠8番のオールステイが「マイペースで運びたい」なんてことを言っているので、ハナを奪うのはこの馬か。

となると、5枠5番のバンドワゴンは初めて番手からレースをすることになるのか。

鞍上の和田ちゃんも本番前にハナを切らずにレースをさせたい意識はあるだろう。

前走のエリカ賞でもスタート後はハナは譲りますよ~、ってゆっくりスタートしてたし。




逆にスターダムは順調に差し競馬を教え込ませていて、前走ではその通りの結果を出せたんだと思う。

走破時計も上がり3Fタイムも優秀だし、ケチのつけようがない。

そして、管理している池江調教師もこの馬への期待を

「無敗でダービー制覇」

という大言を堂々と公言している。


ということは、武豊に勝つ競馬をするように言っているようなもんだ。

豊ちゃんはこのレースではバンドワゴンに勝つための騎乗依頼をされてる訳で、

恐らく位置取り的にも、前走よりは少し前で、いつでもバンドワゴンを射程圏に捉えられるところにいるのではないかと思う。


まぁ、武豊にはまたリーディングに帰り咲いて欲しいという意味も込めて

 ・1枠1番トーセンスターダム

が本命&複勝勝負!

オッズはつかないけど、この馬の複勝を買っておけば、1.1倍になって返ってくるはずだ。


トーセンスターダムを持ち上げつつも、やっぱバンドワゴンも強い。

走り方のストライドからはスピード感がないように思えるのだけれど、実際は時計が速いのだ。

少し頭の高い走法だし、こんな感じで強い馬ってなかなかいないように思う。

バンドワゴンがこのレースも問題なく制すようだと、和田ちゃんにとっては、

テイエムオペラオー以来の名馬が巡って来たってことになるだろう。


個人的には、バンドワゴンにはずっと逃げ続けて欲しいんだけどね。

また見たいよ、ミホノブルボンとかサニーブライアンのように、クラシックレースを逃げ切る「強い馬」ってのを。


そして、迷うのは3番手評価。

人気的には4枠4番サトノルパンだね。

前走は、直線だけで一気に差し切って後続をちぎるというすごい強い勝ち方だよね。

ディープインパクトの血が騒ぎ出してきたのかって感じ。

小牧Jも仕掛けどころを分かってる騎手だし、

このレースはこの馬の力を最大限発揮する騎乗をするだろうね。


後、7枠7番のピークトラムは調教こそ動いているけど、そこが割れてしまった感じで

ここでは敬遠したい。

8枠9番のブラックカイトも少しずつ馬が良化してきているだろうけど、

2強を脅かすまでの域にはまだ辿り着いていないかなって思う。


ということで、このレースは荒れる要素はないんじゃないかなって思う。

よって、応援馬券として購入するのが良いと思う。


後は、個人的に応援したい方を応援する、そんなレースだね。

【システマ予想】混戦を制する者が馬券を制す! 『2月9日(日)京都9R:河原町Sの複勝勝負!【自信度○】』

【システマ予想】このレースは総合力で選びたいね! 『2月8日(土)京都11R:すばるSの複勝勝負!【自信度○】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿