3月23日(土)中山11R、芝2500m

日経賞の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 メイショウテッコン 3/20 栗坂 51.2 - 37.2 - 24.1 - 11.8 一杯
2枠 2番 ゴーフォザサミット 3/20 南W - - 54.4 - 39.6 - 13.1 馬也
3枠 3番 アクションスター 3/20 南W 69.3 - 53.1 - 38.2 - 12.9 馬也
4枠 4番 サクラアンプルール 3/20 南W 71.6 - 55.8 - 40.6 - 12.5 仕掛
5枠 5番 ブラックバゴ 3/20 南W 84.0 - 68.5 - 53.9 - 40.2 - 13.4 強め
5枠 6番 ルックトゥワイス 3/20 栗坂 53.3 - 38.3 - 24.7 - 12.3 強め
6枠 7番 エタリオウ 3/20 栗坂 53.4 - 38.6 - 25.1 - 12.7 強め
6枠 8番 グランアルマダ 3/20 栗坂 52.2 - 38.5 - 25.0 - 12.4 一杯
7枠 9番 カフェブリッツ 3/20 栗坂 54.7 - 39.7 - 25.6 - 12.3 馬也
7枠 10番 ハッピーグリン 3/19 門坂 - - - - 38.0 - 12.8
8枠 11番 チェスナットコート 3/20 栗坂 53.1 - 38.6 - 24.9 - 12.2 一杯
8枠 12番 クリンチャー 3/20 CW 81.7 - 65.8 - 51.3 - 37.9 - 12.5 一杯

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:メイショウテッコン)
前走の日経新春杯から約2ヵ月の休養明け。
前走は自ら動いて速いペースの中、見せ場のある内容を演出して見せた。
今回、中山コースに変わるのは大いに注目に値する脚質だろう。
中間の乗り込みも非常に重要で、2週前、1週前はCWコースで速いところを。
そして今週は坂路で全体51.2秒、ラスト1F11.8秒を一杯に追われて気合十分。
休養明け初戦からかなり仕上げられてきた印象で、このレースの内容で今後の進路が決定するということなのだろう。
注目しておきたい1頭だ。

【調教展望】阪神11R 毎日杯(G3)(2019年)

【調教展望】阪神11R 阪神大賞典(G2)(2019年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿