3月9日(土)中山11R、芝1800m ハンデ戦

中山牝馬Sの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 アドマイヤリード 3/6 栗坂 53.8 - 38.6 - 24.7 - 12.1 馬也
2枠 2番 ノームコア 3/6 南W 67.0 - 51.8 - 38.4 - 12.9 強め
3枠 3番 カワキタエンカ 3/6 栗坂 57.0 - 41.3 - 26.4 - 12.6 馬也
3枠 4番 アッフィラート 3/6 栗芝 66.1 - 49.7 - 35.8 - 12.0 仕掛
4枠 5番 クロコスミア 3/6 栗坂 53.0 - 38.5 - 25.1 - 12.5 強め
4枠 6番 ランドネ 3/6 栗坂 52.7 - 38.1 - 25.0 - 12.4 一杯
5枠 7番 フロンテアクイーン 3/6 南W 67.6 - 52.1 - 37.6 - 12.9 馬也
5枠 8番 レイホーロマンス 3/6 栗坂 54.0 - 39.1 - 25.0 - 12.2 仕掛
6枠 9番 ウラヌスチャーム 3/6 南W 81.7 - 66.2 - 51.7 - 37.6 - 12.8 強め
6枠 10番 デンコウアンジュ 3/6 CW 68.4 - 52.7 - 38.0 - 12.3 馬也
7枠 11番 フローレスマジック 3/6 南W - - 53.9 - 38.7 - 12.6 一杯
7枠 12番 ウインファビラス 3/6 南W 65.5 - 51.2 - 37.4 - 12.4 強め
8枠 13番 ミッキーチャーム 3/6 CW 80.4 - 64.9 - 51.1 - 37.9 - 11.9 馬也
8枠 14番 ワンブレスアウェイ 3/6 南W 66.9 - 52.3 - 37.9 - 12.9 馬也

【◎ピックアップ!】

このレースで特段取り上げたい馬はいない。
休養明けの馬は半数の7頭いるが、まだまだ本番は1つ先を見据えているといった感じ。
全馬、このレースを照準に目一杯に仕上げて来たという感じは受けなかった。

ただ、各馬乗り込み量に不足はなくレースでは力を発揮できる状態にあるだろう。
後はハンデ戦だけに、力関係と斤量の関係をうまく推し量れるように見極めたいところだ。

【調教展望】阪神11R フィリーズR(G2)(2019年)

【調教展望】中山11R 弥生賞(G2)(2019年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿