2月17日(日)小倉11R、芝1800m ハンデ戦

小倉大賞典の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 サイモンラムセス 2/13 栗坂 53.0 - 39.0 - 25.2 - 12.4 強め
2枠 2番 エアアンセム 2/13 栗坂 53.2 - 39.0 - 24.5 - 12.0 強め
3枠 3番 タニノフランケル 2/13 CW 67.9 - 52.0 - 38.0 - 11.6 馬也
3枠 4番 マウントゴールド 2/13 CW - - 53.3 - 38.4 - 11.9 馬也
4枠 5番 レトロロック 2/13 栗坂 54.3 - 39.1 - 24.9 - 12.2 馬也
4枠 6番 マルターズアポジー 2/14 小ダ 70.9 - 55.6 - 40.7 - 11.7 馬也
5枠 7番 ブラックスピネル 2/13 栗坂 51.0 - 37.7 - 24.9 - 12.9 一杯
5枠 8番 マイスタイル 2/13 栗坂 53.1 - 38.3 - 24.8 - 12.5 仕掛
6枠 9番 スズカディープ 2/13 栗坂 53.4 - 38.8 - 24.7 - 11.9 一杯
6枠 10番 ケイティクレバー 2/13 栗坂 53.7 - 39.3 - 25.8 - 13.0 強め
7枠 11番 ナイトオブナイツ 2/13 CW 79.8 - 64.1 - 50.5 - 37.7 - 11.6 一杯
7枠 12番 スティッフェリオ 2/13 栗坂 51.1 - 37.4 - 24.6 - 12.5 一杯
8枠 13番 エテルナミノル 2/13 小ダ - - 54.9 - 40.1 - 12.2 馬也
8枠 14番 アメリカズカップ 2/13 栗坂 52.1 - 37.3 - 24.4 - 12.5 一杯

【◎ピックアップ!】

(3枠3番:タニノフランケル)
前走の中山金杯から中5週のローテーション。
古馬混合戦の昇級戦だったにも関わらず、3着と健闘して見せた。
キャリアはまだ浅く、今が脂がのってきた時期ということなのだろう。
中間は角居厩舎らしく、坂路とコースを織り交ぜての調整内容。
1週前にはCWコースで81秒台の時計を出しており、今週は終い重点の内容。
ラスト1Fの反応が良く、叩き2走目の上積みを物語っているよう。
今回、同型が多いメンバー構成になるだけに、どんなレースをするのか楽しみな1頭だろう。


(4枠5番:レトトロック)
前走の福島記念から約3ヵ月の休養明け。
中間はコースと坂路を併用してみっちりと乗り込まれてきた。
7歳馬ながら調教の内容からは年齢的な衰えは感じさせない。
馬なり調整ながら3週連続で及第点の時計を計時しており、状態面の良さが窺える。
初戦から力を出せる仕上がり状態と思われ、ハンデ戦だけに注目してみたい1頭だ。

【調教展望】中山11R オーシャンS(G3)(2019年)

【調教展望】東京11R フェブラリーS(G1)(2019年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿