2月17日(日)東京11R、ダート1600m

フェブラリーSの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 クインズサターン 2/13 栗坂 52.9 - 39.0 - 25.3 - 12.4 馬也
2枠 2番 ユラノト 2/13 栗坂 51.4 - 37.2 - 24.2 - 12.1 一杯
3枠 3番 ゴールドドリーム 2/13 栗坂 52.1 - 37.3 - 24.0 - 12.0 馬也
3枠 4番 メイショウウタゲ 2/13 栗坂 55.2 - 40.5 - 26.0 - 12.7 馬也
4枠 5番 サクセスエナジー 2/13 栗坂 50.6 - 36.9 - 24.0 - 12.0 一杯
4枠 6番 インティ 2/13 栗坂 53.0 - 39.0 - 25.0 - 12.1 強め
5枠 7番 サンライズノヴァ 2/13 栗坂 50.8 - 37.4 - 24.7 - 12.6 一杯
5枠 8番 モーニン 2/13 栗坂 50.2 - 36.2 - 23.6 - 11.9 一杯
6枠 9番 ワンダーリーデル 2/13 栗坂 53.0 - 38.1 - 24.7 - 12.3 強め
6枠 10番 サンライズソア 2/13 栗坂 55.9 - 39.4 - 25.0 - 12.1 強め
7枠 11番 コパノキッキング 2/13 CW 66.1 - 52.3 - 38.1 - 13.1 馬也
7枠 12番 ノボバカラ 2/14 栗坂 51.0 - 37.0 - 24.1 - 12.2 馬也
8枠 13番 ノンコノユメ 2/13 南W 68.5 - 53.9 - 39.8 - 13.3 馬也
8枠 14番 オメガパフューム 2/13 栗坂 52.4 - 38.0 - 24.7 - 12.4 馬也

【◎ピックアップ!】

(2枠2番:ユラノト)
前走の根岸Sから中2週のローテーション。
昨年秋からの今回が叩き4走目。
レース後の疲れが心配されるところだが、レースの1週間後には時計を出されており、心配は皆無のようだ。
1週前と今週ともに坂路で全体51秒台の時計を出しており、申し分ない調整内容。
このレースを完調に迎えることができたのではないだろうか。
後は、力が通用するかどうか、そこに尽きるだろう。


(8枠14番:オメガパフューム)
前走の東京大賞典から中6週のローテーション。
レース後の疲れをしっかりと取ってから中間は坂路を中心に乗り込まれてきた。
徐々にピッチを上げていっての内容で、今週は全体52秒台、ラスト1F12.4秒を馬なりで計時。
休養を挟まずG1が4戦目になるが、疲れどころか使いながら成長している感じを受ける。
状態面が非常に良さそうで、その真価が問われるレースになるのではないか。

【調教展望】小倉11R 小倉大賞典(G3)(2019年)

【調教展望】京都11R 京都牝馬S(G3)(2019年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿