1月20日(日)中京11R、ダート1800m

東海Sの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 グレンツェント 1/17 南W 70.3 - 54.5 - 40.1 - 13.3 馬也
2枠 2番 アスカノロマン 1/17 栗坂 57.3 - 42.6 - 27.8 - 13.4 馬也
3枠 3番 チュウワウィザード 1/17 栗坂 53.1 - 38.5 - 24.9 - 12.4 一杯
4枠 4番 インティ 1/16 栗坂 51.9 - 37.8 - 24.6 - 12.3 一杯
4枠 5番 スマハマ 1/17 栗坂 52.6 - 38.3 - 25.0 - 12.6 一杯
5枠 6番 アングライフェン 1/17 栗坂 50.1 - 37.0 - 24.8 - 12.7 一杯
5枠 7番 アンジュデジール 1/16 栗坂 53.2 - 38.0 - 25.2 - 13.1 仕掛
6枠 8番 モルトベーネ 1/17 CW 85.9 - 69.2 - 53.7 - 39.4 - 11.8 仕掛
6枠 9番 シャイニービーム 1/17 栗坂 55.6 - 40.1 - 25.3 - 12.2 一杯
7枠 10番 コスモカナディアン 1/16 北C 83.8 - 67.7 - 52.6 - 38.3 - 12.6 強め
7枠 11番 マイネルバサラ 1/16 南W - - 53.8 - 40.0 - 13.7 馬也
8枠 12番 メイショウスミトモ 1/17 栗坂 53.2 - 38.8 - 25.5 - 13.1 強め
8枠 13番 カゼノコ 1/16 CW 71.7 - 55.2 - 40.1 - 12.2 馬也

【◎ピックアップ!】

今回ピックアップしたい馬はなし。

特段、調整内容が素晴らしいという馬はいなかったが、各馬しっかりと乗り込まれている。
逆にマイナス評価したい馬もいない。

5連勝中のインティに注目が集まるレースで末脚までしっかりとしている同馬だが、
時計の掛かる中京コースになってどうなるかがレースの見どころではないだろうか。
キャリアの浅い馬達が人気をしそうだが、経験豊富な馬がどう立ちはだかるのか注目のレースだろう。

調教内容が良い馬をどう予想に反映するか

【調教展望】中山11R AJCC(G2)(2019年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿