1月5日(土)中山11R、芝2000m ハンデ戦

中山金杯の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 タニノフランケル 1/3 栗坂 55.6 - 40.1 - 25.9 - 12.8 馬也
1枠 2番 アドマイヤリード 1/2 栗坂 55.1 - 39.4 - 25.2 - 12.7 馬也
2枠 3番 コズミックフォース 12/31 南W 81.4 - 65.9 - 52.1 - 38.5 - 13.4 強め
2枠 4番 ランガディア 1/2 南W - - 56.4 - 40.6 - 12.7 強め
3枠 5番 サンマルティン 12/31 南W - - 51.5 - 36.9 - 13.4 強め
3枠 6番 エアアンセム 12/31 栗坂 53.5 - 39.5 - 25.6 - 12.5 馬也
4枠 7番 マイネルハニー 1/2 南W 70.9 - 54.6 - 39.9 - 12.8 馬也
4枠 8番 マウントゴールド 1/2 CW - - 53.3 - 39.8 - 12.2 強め
5枠 9番 ストロングタイタン 12/31 栗坂 53.3 - 39.4 - 25.5 - 12.4 馬也
5枠 10番 ヤングマンパワー 1/3 美坂 54.3 - 40.2 - 26.1 - 12.8 強め
6枠 11番 ウインブライト 1/2 南W 85.7 - 69.4 - 54.1 - 39.9 - 12.8 馬也
6枠 12番 タイムフライヤー 1/2 CW 65.6 - 50.2 - 36.6 - 11.8 一杯
7枠 13番 ナスノセイカン 1/2 南W - - 55.1 - 40.6 - 12.7 強め
7枠 14番 ブラックバゴ 1/2 南W 81.9 - 66.8 - 52.1 - 38.2 - 12.6 仕掛
8枠 15番 ステイフーリッシュ 1/2 栗坂 54.4 - 40.0 - 25.7 - 12.6 馬也
8枠 16番 マイネルサージュ 1/3 美坂 54.7 - 40.1 - 26.1 - 12.7 仕掛

【◎ピックアップ!】

(1枠2番:アドマイヤリード)
前走のオープン特別勝利から中2週のローテーション。
グレードレースでは少し力が足りないレースを続けていたが、オープン特別になった途端に勝利。
前走の調教内容もかなりいい内容であり、今回はレース後も順調に調整されている。
レース後1週間で時計を出し始めており、疲れは皆無とみたい。
特段速い時計で調整されていないが、馬なりでこの馬に合わせた内容で申し分なし。
前走と同じくらいの高いレベルを維持しての出走が適うことだろう。

【調教展望】京都11R 京都金杯(G3)(2019年)

【調教展望】中山11R ホープフルS(G1)(2018年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿