12月22日(土)阪神11R、芝1400m

阪神カップの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ダイメイフジ 12/19 栗坂 53.2 - 38.7 - 25.2 - 12.5 強め
1枠 2番 ミスターメロディ 12/19 栗坂 51.8 - 37.0 - 25.0 - 12.9 一杯
2枠 3番 ダイアナヘイロー 12/19 栗坂 52.0 - 38.0 - 24.9 - 12.5 馬也
2枠 4番 ヒルノデイバロー 12/19 栗坂 51.7 - 37.5 - 24.7 - 12.8 仕掛
3枠 5番 スターオブペルシャ 12/19 南W 67.5 - 52.1 - 38.4 - 12.7 馬也
3枠 6番 ムーンクエイク 12/19 南W 65.9 - 51.5 - 39.5 - 13.7 馬也
4枠 7番 シュウジ 12/19 栗坂 51.6 - 37.3 - 24.5 - 12.5 一杯
4枠 8番 カルヴァリオ 12/19 南W - - 52.3 - 37.3 - 12.7 馬也
5枠 9番 ラインスピリット 12/19 栗坂 53.7 - 38.5 - 25.3 - 12.8 一杯
5枠 10番 サトノアレス 12/19 美坂 54.6 - 39.5 - 25.2 - 12.1 馬也
6枠 11番 レッドファルクス 12/19 南W - - 53.8 - 39.5 - 12.8 強め
6枠 12番 レーヌミノル 12/19 CW 83.3 - 66.8 - 51.5 - 38.3 - 11.9 強め
7枠 13番 ケイアイノーテック 12/19 CW 82.3 - 66.9 - 52.7 - 39.4 - 12.5 一杯
7枠 14番 ワントゥワン 12/19 DP 66.8 - 51.8 - 38.1 - 11.9 一杯
8枠 15番 ジュールポレール 12/19 栗坂 52.1 - 37.2 - 24.3 - 12.3 強め
8枠 16番 ベステンダンク 12/19 栗坂 53.6 - 39.2 - 25.3 - 12.3 一杯

【◎ピックアップ!】

(5枠10番:サトノアレス)
前走の安田記念から約半年の休養を挟んでの出走。
10月の中旬から時計を出し始めており、乗り込みに関しては不安はない。
藤沢厩舎にしては珍しい追切パターンの馬で、坂路中心に追い切られている。
12月に入ってからはピッチを上げて乗り込まれており、馬もしっかりと応えている感じ。
今週の追い切りは坂路で全体54秒台、ラスト1F12.1秒と馬なりで併走馬にもしっかりと先着。
良い状態に仕上がったと思われ、レースでもしっかりと力を出し切れることだろう。


(8枠15番:ジュールポレール)
前走のマイルCSから中4週のローテーション。
調教では動く馬で、今回が休養明け3走目。
休養明け初戦からほぼ仕上がっていたという印象で、前走も調教ではしっかりと動いていた。
引き続き中間の調整も順調で、3週連続坂路で好時計を出しており順調のひとこと。
状態面は高いレベルを維持していると思われ、レースでは力を発揮できる態勢は整っているとみたい。

【調教展望】中山11R 有馬記念(G1)(2018年)

【調教展望】阪神11R 朝日杯FS(G1)(2018年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿