12月16日(日)阪神11R、芝1600m

朝日杯FSの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 クリノガウディー 12/12 栗坂 51.6 - 37.7 - 24.5 - 12.1 一杯
2枠 2番 グランアレグリア 12/12 南W 68.1 - 52.3 - 38.2 - 12.8 馬也
2枠 3番 アスターペガサス 12/12 CW 83.2 - 67.4 - 51.8 - 38.4 - 11.9 一杯
3枠 4番 ドゴール 12/12 南W 68.2 - 52.4 - 38.7 - 12.6 馬也
3枠 5番 マイネルサーパス 12/12 南W 69.8 - 54.2 - 39.3 - 13.0 馬也
4枠 6番 アドマイヤマーズ 12/12 栗坂 52.9 - 38.8 - 25.1 - 12.6 一杯
4枠 7番 ソルトイブキ 12/12 CW 86.7 - 70.1 - 54.3 - 39.6 - 12.0 馬也
5枠 8番 ディープダイバー 12/12 栗坂 52.5 - 38.2 - 25.0 - 12.7 強め
5枠 9番 イッツクール 12/12 CW 84.2 - 67.7 - 52.3 - 38.5 - 11.8 一杯
6枠 10番 ヒラソール 12/12 栗坂 54.8 - 39.8 - 25.4 - 12.1 強め
6枠 11番 ケイデンスコール 12/12 栗坂 52.5 - 38.3 - 25.0 - 12.5 一杯
7枠 12番 コパノマーティン 12/12 CW 85.8 - 69.0 - 54.0 - 39.9 - 12.4 馬也
7枠 13番 ニホンピロヘンソン 12/12 栗坂 53.9 - 39.7 - 26.0 - 12.9 馬也
8枠 14番 ファンタジスト 12/12 栗坂 52.8 - 38.3 - 25.0 - 12.1 一杯
8枠 15番 エメラルファイト 12/12 南W 68.1 - 52.8 - 38.6 - 13.2 馬也

【◎ピックアップ!】

(5枠8番:ディープダイバー)
前走の条件戦クラスから中3週のローテーション。
前走後の疲れは全然見られない感じで、3週連続坂路できっちりと追われてきた。
日曜日にも坂路の時計を出されており、今とにかく状態面が良くなっているのだろう。
今週の調教も坂路で全体52秒台、ラスト1F12.7秒と上々の動き。
かなり良い状態と読み取れるだけに、後は能力面でどこまで通じるかだろう。


(5枠9番:イッツクール)
前走の地方戦から中1週のローテーション。
休養明けの前走を叩いての、中1週の強行軍。
ただ、レース後の乗り込みが非常に順調で、1度使って大きな上積みが見込めそうだ。
今週の追い切りは終い重点の内容ながら、ラスト1Fの伸びは非常に優秀。
後は、芝の重賞初挑戦とマイルが初距離となるだけに、その点を克服できるかに尽きるだろう。


(8枠14番:ファンタジスト)
前走の京王杯2歳S勝利から中5週のローテーション。
現在3連勝中で目下絶好調な存在。
レース後はしっかりと立て直されている感じで、追切りは坂路中心に時計を出されている。
1週前の追切りが圧巻で坂路で全体49.5秒の好時計。そして、今週は52秒台の好時計。
調教時計はやればやるだけ時計が出るタイプだろうが、現時点でこれだけ動けているのは大きなアドバンテージ。
引き続き高いレベルを維持しての出走が適いそうだけに、後は距離の壁をクリアできるかだろう。

【調教展望】阪神11R 阪神カップ(G2)(2018年)

【調教展望】中山11R ターコイズS(G3)(2018年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿