12月9日(日)阪神11R、芝1600m

阪神ジュベナイルFの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ベルスール 12/5 栗坂 51.8 - 36.7 - 23.7 - 12.3 強め
1枠 2番 ジョディー 12/5 美P 70.6 - 54.4 - 40.0 - 11.7 馬也
2枠 3番 プールヴィル 12/5 栗坂 52.1 - 38.1 - 24.8 - 12.6 馬也
2枠 4番 シェーングランツ 12/5 美P 70.0 - 54.4 - 40.0 - 12.6 馬也
3枠 5番 メイショウショウブ 12/5 栗坂 53.8 - 38.3 - 24.1 - 11.9 強め
3枠 6番 スタークォーツ 12/5 DP 76.4 - 61.6 - 48.4 - 36.2 - 12.2 強め
4枠 7番 ウインゼノビア 12/5 南W 68.1 - 53.3 - 39.2 - 12.8 馬也
4枠 8番 ラブミーファイン 12/6 CW 83.6 - 67.7 - 53.0 - 38.7 - 12.6 馬也
5枠 9番 クロノジェネシス 12/5 CW 83.1 - 67.2 - 52.8 - 39.0 - 11.9 馬也
5枠 10番 タニノミッション 12/5 CW 67.1 - 52.2 - 37.6 - 12.4 馬也
6枠 11番 ビーチサンバ 12/5 栗坂 56.1 - 41.1 - 26.0 - 12.4 馬也
6枠 12番 レッドアネモス 12/5 CW 81.8 - 65.6 - 51.6 - 37.0 - 12.7 馬也
7枠 13番 ダノンファンタジー 12/5 栗坂 53.9 - 39.1 - 25.8 - 12.8 馬也
7枠 14番 サヴォワールエメ 12/5 栗坂 52.5 - 38.3 - 25.0 - 12.7 馬也
7枠 15番 ローゼンクリーガー 12/5 CW - - 52.1 - 37.9 - 11.9 馬也
8枠 16番 グレイシア 12/5 南W 66.6 - 51.9 - 38.1 - 13.0 馬也
8枠 17番 トロシュナ 12/5 南W - - 52.8 - 37.7 - 12.7 馬也
8枠 18番 メイショウケイメイ 12/6 栗坂 53.4 - 38.5 - 24.4 - 12.1 馬也

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:ベルスール)
前走のファンタジーSから中4週のローテーション。
キャリアは3戦目でまだまだこれからの馬。
しかしながら、中間はハードな調整が課されてきた。
前走時でも走れる態勢が整っていたにも関わらず、先週の日曜日に坂路で52秒台、今週の水曜日に坂路で51秒台の好時計。
ラスト1Fの動きも12.3秒としっかりとまとめている。
現時点でこれだけ調教をやれること自体素晴らしいが、時計面も申し分なし。
状態面はかなりいい状態で出走が適うことだろう。


(2枠3番:プールヴィル)
前走の条件戦勝利から約2ヵ月の休養を挟んでの出走。
中間は坂路を中心に入念に乗り込まれてきた。
4週連続しっかりと時計を出されており、週を追うごとにしっかりとピッチが上がっているのが分かる。
今週は馬なり調整で全体52.1秒の時計を出せており、ラスト1Fの動きも良い。
良い状態に仕上がった感があり、レースでは力を出し切れる状態が整ったとみたい。


(7枠13番:ダノンファンタジー)
前走のファンタジーS勝利から中4週のローテーション。
レース後の疲れを心配するところだが、調教の動きを見る限り皆無といった感じ。
中間はCWコースと坂路で時計を出されており、3週連続速い時計。
やればやるほど時計が出るタイプで、最終追切はそこまでやらずで仕上がってる感を受け取れる。
順調に来ている感じで、ここでも力を出せる態勢は整ったとみたい。

【調教展望】中山11R ターコイズS(G3)(2018年)

【調教展望】中山11R カペラS(G3)(2018年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿