11月10日(土)東京11R、ダート1600m

武蔵野Sの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 マイネルオフィール 11/7 栗坂 58.0 - 41.9 - 26.7 - 12.8 馬也
1枠 2番 パルトネルラーフ 11/7 美坂 54.7 - 39.8 - 26.2 - 13.3 一杯
2枠 3番 クインズサターン 11/7 栗坂 53.1 - 39.4 - 26.4 - 13.7 仕掛
2枠 4番 サンライズノヴァ 11/7 栗坂 51.7 - 38.1 - 25.3 - 13.1 一杯
3枠 5番 イーグルフェザー 11/7 南W 85.0 - 69.0 - 53.6 - 39.6 - 13.0 馬也
3枠 6番 ラインシュナイダー 11/7 栗坂 52.3 - 38.4 - 25.4 - 13.0 一杯
4枠 7番 ユラノト 11/7 栗坂 53.2 - 39.3 - 25.7 - 12.8 強め
4枠 8番 ルグランフリソン 11/7 栗坂 53.8 - 39.6 - 26.3 - 13.7 一杯
5枠 9番 ストロングバローズ 11/7 南W 68.5 - 53.0 - 38.6 - 13.2 強め
5枠 10番 ナムラミラクル 11/7 栗坂 54.9 - 40.4 - 26.5 - 13.3 馬也
6枠 11番 グレンツェント 11/7 南W 69.5 - 53.6 - 39.8 - 13.2 強め
6枠 12番 クルーガー 11/7 栗坂 55.1 - 40.1 - 25.7 - 12.5 一杯
7枠 13番 メイショウウタゲ 11/7 栗坂 53.4 - 38.5 - 25.6 - 13.2 馬也
7枠 14番 モルトベーネ 11/7 栗坂 53.2 - 38.7 - 25.5 - 13.1 一杯
8枠 15番 ウェスタールンド 11/7 栗坂 51.6 - 37.9 - 25.0 - 12.7 一杯
8枠 16番 インカンテーション 11/7 CW 82.5 - 67.5 - 53.1 - 39.6 - 13.3 一杯

【◎ピックアップ!】

(4枠7番:ユラノト)
前走のオープン特別を勝利して約4カ月の休養を挟んでの出走。
キャリアは浅く、まだまだ成長途上を感じさせる戦績。
中間は坂路中心に乗り込まれており、乗り込み量に不足はない。
この馬のペースで調整されている感じで、今週は馬なり調整ながら軽快に動けている。
初戦から力を発揮できる態勢は整ったとみたい。


水曜日の追い切り日は馬場が重たく、時計が掛かるようになっている。
ラスト1F時計を要している馬が多いが特段気にすることはない。
いつも通りの内容で追い切りが出来ていれば、タイムは特に気にする必要はないだろう。

【調教展望】京都11R デイリー杯2歳S(G2)(2018年)

【調教展望】京都12R JBCレディスクラシック(G1)(2018年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿