11月4日(日)京都12R、ダート1800m

JBCレディスクラシックの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 アイアンテーラー 10/31 栗坂 54.9 - 40.3 - 27.3 - 14.3 一杯
1枠 2番 フォンターナリーリ 10/31 栗坂 53.5 - 39.3 - 26.0 - 13.1 一杯
2枠 3番 クイーンマンボ 10/31 CW 67.7 - 51.9 - 37.9 - 12.0 一杯
2枠 4番 ラビットラン 10/31 CW 84.1 - 67.4 - 52.4 - 38.5 - 11.8 一杯
3枠 5番 ラインハート 10/31 大井 67.5 - 52.8 - 38.0 - 12.5 馬也
3枠 6番 ジュエルクイーン 10/30 小林 64.8 - 49.7 - 37.0 - 12.3 馬也
4枠 7番 カワキタエンカ 10/31 栗坂 56.7 - 40.5 - 25.9 - 13.0 馬也
4枠 8番 ビスカリア 10/31 栗坂 60.3 - 42.2 - 25.7 - 12.8 一杯
5枠 9番 サルサディオーネ 10/31 栗坂 55.8 - 40.2 - 26.3 - 13.2 馬也
5枠 10番 プリンシアコメータ 10/31 南W - - 53.8 - 37.9 - 13.0 仕掛
6枠 11番 リエノテソーロ 10/31 南W - - 55.3 - 39.1 - 12.5 馬也
6枠 12番 ブランシェクール 10/31 大井 65.0 - 51.2 - 37.1 - 11.8 馬也
7枠 13番 アンデスクイーン 10/31 栗坂 55.0 - 39.4 - 25.3 - 12.8 一杯
7枠 14番 ディアマルコ 10/31 高知 - - 51.2 - 38.6 - 13.3 馬也
8枠 15番 ファッショニスタ 10/31 CW 82.1 - 65.3 - 50.6 - 37.2 - 12.0 馬也
8枠 16番 アンジュデジール 10/31 栗坂 54.0 - 39.3 - 25.7 - 13.0 一杯

【◎ピックアップ!】

※地方馬は調教過程が分からないので、割愛します。

(2枠4番:ラビットラン)
前走のブリーダーズGCの勝利から2ヵ月以上休養を挟んでの出走。
3週前からピッチを上げて乗り込まれ、坂路とコースを交えての調整。
坂路では全体的に速い時計を出し、コース調教は終い重点の内容。
乗り込み量は十二分で、休養明けも苦にするタイプではない。
状態面は良さそうで、初戦から力を発揮できる態勢は整ったとみたい。

【調教展望】東京11R 武蔵野S(G3)(2018年)

【調教展望】京都11R JBCクラシック(G1)(2018年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿