11月4日(日)京都11R、ダート1900m

JBCクラシックの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 センチュリオン 10/31 南W 67.1 - 52.2 - 38.4 - 13.5 一杯
1枠 2番 タガノゴールド 10/31 園田 64.1 - 49.1 - 36.6 - 計不 一杯
2枠 3番 シュテルングランツ 10/29 浦和 67.9 - 51.2 - 37.5 - 12.7 強め
2枠 4番 サンライズソア 10/31 栗坂 55.7 - 41.1 - 27.1 - 13.5 馬也
3枠 5番 アスカノロマン 10/31 CW 66.8 - 51.7 - 38.6 - 12.1 馬也
3枠 6番 マイネルバサラ 10/31 南W - - 54.0 - 40.4 - 12.8 馬也
4枠 7番 サウンドトゥルー 10/31 美坂 53.4 - 38.9 - 25.4 - 12.7 馬也
4枠 8番 ケイティブレイブ 10/31 栗坂 52.7 - 38.8 - 25.8 - 13.3 強め
5枠 9番 ノンコノユメ 10/31 南W 69.6 - 53.9 - 39.9 - 12.7 強め
5枠 10番 テイエムジンソク 10/31 CW 81.6 - 65.1 - 50.4 - 37.2 - 12.7 一杯
6枠 11番 カツゲキキトキト 10/31 弥富 65.2 - 50.5 - 38.3 - 12.6 一杯
6枠 12番 アポロケンタッキー 10/31 栗坂 51.8 - 37.9 - 25.7 - 13.4 一杯
7枠 13番 オールブラッシュ 11/1 栗坂 55.6 - 39.4 - 26.0 - 13.2 強め
7枠 14番 オメガパフューム 10/31 栗坂 52.7 - 38.9 - 25.8 - 13.2 仕掛
8枠 15番 テーオーエナジー 10/31 栗坂 52.4 - 38.2 - 25.3 - 12.9 一杯
8枠 16番 クリソライト 10/31 栗坂 51.8 - 38.4 - 25.7 - 13.2 強め

【◎ピックアップ!】

(4枠7番:サウンドトゥルー)
前走の日本テレビ盃から中3週のローテーション。
8歳馬になるが、まだまだ元気いっぱいの現役という感じ。
調教時計も昔よりも動いている感じで、年齢的な衰えはそこまで気にしなくてもいいだろう。
中間は坂路を中心に乗り込まれており、今週は馬なりでしっかりとした動きを披露した。
2走目の上積みはあまりないかも知れないが、引き続き良い状態を保っての出走が適いそうだ。


(7枠14番:オメガパフューム)
前走のシリウスS勝利から中4週のローテーション。
レース後は多少疲れがあったのか、追い切り時計はしっかりと間隔を取った後に再開されている。
坂路を中心に乗り込まれ、先週、今週とみっちりと鍛えられた内容。
レースでは常に力を出せるタイプの馬だけに、調教内容の良さが直結するのではないか。
良い状態でレースを迎えられそうだ。

【調教展望】京都12R JBCレディスクラシック(G1)(2018年)

【調教展望】京都10R JBCスプリント(G1)(2018年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿