11月3日(土)東京11R、芝1400m

京王杯2歳Sの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ファンタジスト 10/31 栗坂 56.3 - 40.8 - 26.7 - 13.1 強め
2枠 2番 メイショウオニテ 10/31 栗坂 55.8 - 40.8 - 26.9 - 13.7 馬也
3枠 3番 ココフィーユ 10/31 栗坂 53.6 - 39.1 - 25.6 - 12.6 馬也
4枠 4番 シングルアップ 10/31 CW 81.3 - 65.9 - 52.4 - 39.0 - 12.9 一杯
5枠 5番 アウィルアウェイ 10/31 栗坂 53.0 - 39.2 - 26.2 - 13.4 馬也
6枠 6番 カルリーノ 10/31 南W 68.9 - 53.3 - 39.5 - 12.8 馬也
7枠 7番 アスターペガサス 10/31 栗坂 52.6 - 38.9 - 26.4 - 14.0 一杯
8枠 8番 ラバストーン 10/31 美坂 54.8 - 39.8 - 25.8 - 12.5 馬也

【◎ピックアップ!】

(3枠3番:ココフィーユ)
前走の未勝利戦勝利から中1週のローテーション。
元気いっぱいの感じで、レース後の疲れは心配無用といった感じだ。
今週は坂路コースで53秒台、ラスト1F12秒台と軽快な動きをみせた。
小柄な牝馬ながらこれだけやれてるところを状態の良さだと捉えたい。
相手は一気に強くなるが、注目して見たい1頭だ。


(5枠5番:アウィルアウェイ)
前走のオープン特別を勝利して、約3ヵ月の休養を挟んでの出走。
中間は坂路を中心に乗り込まれており、しっかりと体を仕上げてきた。
ファンタジーSではなく、こちらのレースを選んできたあたりオーナーサイドの自信の表れだろうか。
調教でも3週前、2週前と速い時計を出しており、やればやるほと時計は出るタイプなのだろう。
しっかりと負荷も掛けられ、ラスト1Fも上々の反応を示している。
今週は馬に任せて流す内容で、良好な仕上がり状態をアピールしてきたと捉えたい。
リフレッシュした状態でレースを迎えられるだろう。

【調教展望】東京11R アルゼンチン共和国杯(G2)(2018年)

【調教展望】京都11R ファンタジーS(G3)(2018年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿