10月27日(土)東京11R、芝1600m

アルテミスSの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 トスアップ 10/24 CW - - 52.2 - 38.5 - 12.6 一杯
2枠 2番 グレイシア 10/24 南W - - 54.6 - 39.5 - 12.7 馬也
2枠 3番 シェーングランツ 10/24 南W - - 52.9 - 38.8 - 12.8 馬也
3枠 4番 ブラックダンサー 10/24 栗坂 54.5 - 39.6 - 25.7 - 12.7 強め
3枠 5番 ミディオーサ 10/24 南W - - 54.1 - 38.7 - 12.9 強め
4枠 6番 レディードリー 10/24 美坂 56.3 - 41.0 - 26.9 - 12.9 馬也
4枠 7番 キタイ 10/24 南W - - 52.8 - 37.6 - 12.3 馬也
5枠 8番 エールヴォア 10/24 CW 82.6 - 64.7 - 49.5 - 36.5 - 12.1 仕掛
5枠 9番 アフランシール 10/24 南W - - 53.5 - 39.7 - 13.0 一杯
6枠 10番 サムシングジャスト 10/24 栗坂 54.1 - 39.3 - 25.7 - 13.1 一杯
6枠 11番 ビーチサンバ 10/24 栗坂 83.5 - 67.8 - 52.7 - 38.5 - 12.1 仕掛
7枠 12番 アズマヘリテージ 10/24 栗坂 58.5 - 41.9 - 26.7 - 13.4 馬也
7枠 13番 ヘリンヌリング 10/24 南W 70.4 - 54.3 - 39.6 - 12.7 馬也
8枠 14番 ウインゼノビア 10/24 南W 65.4 - 50.9 - 37.8 - 12.7 馬也
8枠 15番 ライデンシャフト 10/24 南W - - 54.9 - 39.5 - 13.1 馬也

【◎ピックアップ!】

(2枠2番:グレイシア)
前走の条件戦勝利から中6週のローテーション。
中間は外厩先での乗り込みだったと思われる。
美浦に帰厩しての1本目の時計が坂路で全体51秒台、ラスト1F12.2秒を馬なりで計時。
この時期にすると、凄すぎる時計をさらっと出してきた。
今週は南Wコースで動きを確かめるような調教。
走れる態勢は整っており、後はレースで調教の良さが発揮される内容になるかどうかだろう。


(2枠3番:シェーングランツ)
前走の未勝利戦勝利から約2ヵ月の間隔を開けての出走。
9月の初旬から時計を出し始めており、ゆっくりと走れる態勢を整えている感じだ。
坂路を中心に時計を出されており、徐々に負荷を掛けている内容にも好感を持てる。
この馬に合わせて調整されており、良い状態での出走が適いそうだ。
要注目の1頭だろう。


(8枠14番:ウインゼノビア)
前走は札幌でオープン特別を勝利して、約2ヵ月開けての出走。
中間は坂路とコースを併用しながらの調整。
1週毎に良くなっている感じで、今週は南Wコースで5F65秒台の好時計。
ラスト1Fも馬なりで12秒台でまとめており、非凡さを感じさせる。
良い仕上がり状態でレースを迎えられそうだ。

【調教展望】京都11R ファンタジーS(G3)(2018年)

【調教展望】京都11R スワンS(G2)(2018年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿