10月20日(土)東京11R、芝1600m

富士Sの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ガリバルディ 10/16 川崎 63.4 - 49.1 - 37.5 - 計不 一杯
1枠 2番 ストーミーシー 10/17 南W 67.7 - 52.7 - 38.7 - 12.5 強め
2枠 3番 デンコウアンジュ 10/17 栗坂 52.8 - 38.2 - 24.4 - 11.9 強め
2枠 4番 ウインブライト 10/17 南W 82.2 - 66.0 - 50.7 - 37.2 - 12.9 馬也
3枠 5番 ゴールドサーベラス 10/17 南W - - 54.1 - 39.7 - 13.2 馬也
3枠 6番 エアスピネル 10/17 栗坂 51.7 - 37.8 - 24.5 - 12.2 一杯
4枠 7番 ウインガニオン 10/17 栗坂 51.7 - 37.6 - 24.6 - 12.4 強め
4枠 8番 ロジクライ 10/17 栗坂 52.3 - 37.8 - 24.5 - 12.1 強め
5枠 9番 ハクサンルドルフ 10/17 栗坂 52.6 - 37.9 - 24.4 - 12.2 一杯
5枠 10番 ヤングマンパワー 10/17 南W 67.8 - 53.3 - 39.5 - 13.1 一杯
6枠 11番 ワントゥワン 10/17 DP 65.1 - 50.3 - 36.8 - 11.7 強め
6枠 12番 クルーガー 10/17 栗坂 52.7 - 38.7 - 24.9 - 11.8 一杯
7枠 13番 ペルシアンナイト 10/17 CW 85.1 - 68.0 - 52.7 - 37.6 - 11.6 一杯
7枠 14番 レッドアヴァンセ 10/17 栗坂 51.4 - 37.3 - 24.0 - 11.9 一杯
7枠 15番 マルターズアポジー 10/17 南W 70.0 - 54.3 - 39.2 - 12.5 強め
8枠 16番 ハッピーグリン 10/16 門坂 - - - - 37.5 - 12.0
8枠 17番 ヒーズインラブ 10/17 CW 66.3 - 51.0 - 37.5 - 11.6 強め
8枠 18番 ジャンダルム 10/17 CW 86.5 - 68.4 - 53.3 - 39.0 - 11.5 一杯

【◎ピックアップ!】

(2枠3番:デンコウアンジュ)
前走のオープン特別から中1週の競馬。
疲れを見せるどころか、使って上昇ムード。
今週は坂路で52秒台、ラスト1Fを11.9秒と申し分ない動き。
いつ走るのか掴みどころの難しい馬ではあるが、今回は調子が良さそうなだけに、注目してみたい1頭。


(4枠8番:ロジクライ)
前走の京成杯AHから中5週のローテーション。
休養明け3走目になるが、順調そのもの。
休養明け初戦から走っており、体は既に仕上がっている感はあるが、レースを使うごとに強くなっている印象。
中間の調教も非常に順調で、3週連続で坂路で好時計。
ラスト1Fの動き・時計も非常によく、状態面の良さを物語っている。


(6枠12番:クルーガー)
約8ヶ月のローテーションでの出走。
6歳ということもあり、厳しい部分もあるだろうが、昨年は3着している実績馬。
中間は坂路を中心に乗り込まれており、しっかり負荷を掛けて仕上げられた。
3週連続で速い時計を出しており、ラスト1Fの反応も非常に良い。
レースでは力を出せる態勢が整ったとみたい。


(7枠14番:レッドアヴァンセ)
前走のヴィクトリアMから約5ヶ月のローテーション。
中間の調教はみっちりと乗り込まれており、体はきっちり仕上がってそうだ。
坂路を中心に乗り込まれており、先週、今週と文句のない動きを披露している。
調教は動くタイプとはいえ、ラスト1Fの反応も非常に良い。
休養明けを苦にするタイプでもなく、初戦から動ける体制は整った。

【調教展望】東京11R 天皇賞秋(G1)(2018年)

【調教展望】京都11R 菊花賞(G1)(2018年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿