10月8日(月)京都11R、芝2400m

京都大賞典の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 モンドインテロ 10/4 南W 82.5 - 67.0 - 52.9 - 39.5 - 14.0 一杯
2枠 2番 サトノダイヤモンド 10/4 CW 85.4 - 68.3 - 53.0 - 38.9 - 11.4 仕掛
3枠 3番 ブレスジャーニー 10/4 CW 84.9 - 68.9 - 54.0 - 40.0 - 11.9 一杯
4枠 4番 レッドジェノヴァ 10/4 CW 83.6 - 68.2 - 52.1 - 38.3 - 12.1 馬也
5枠 5番 アルバート 10/4 南W 69.5 - 54.3 - 39.7 - 12.9 馬也
6枠 6番 ケントオー 10/4 栗坂 53.5 - 39.3 - 25.8 - 12.9 一杯
6枠 7番 プラチナムバレット 10/4 CW 81.1 - 66.2 - 52.0 - 38.5 - 11.9 一杯
7枠 8番 シュヴァルグラン 10/4 栗坂 53.9 - 39.0 - 25.2 - 12.6 一杯
7枠 9番 スマートレイアー 10/4 栗坂 53.7 - 39.0 - 25.3 - 12.4 馬也
8枠 10番 サンエイゴールド 10/4 水沢 65.7 - 52.0 - 38.2 - 12.6 馬也
8枠 11番 ウインテンダネス 10/3 CW 81.0 - 65.0 - 50.2 - 37.6 - 12.2 一杯
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(2枠2番:サトノダイヤモンド)
前走の宝塚記念から3ヵ月強の休養明け。
1ヵ月前から時計を出し始め、入念に調整されている。
坂路とコースを併用しての中身の伴った調整。
ぶっつけG1とは違い、軽めの内容が多いが、その分初戦ではリフレッシュ効果が得られるのではないか。
今週はCWコースで終い重点の内容。
ラスト1Fは11秒台でまとめており、併走馬にきっちりと先着している。
まだ8分程度の仕上がりだろうが、金鯱賞の時よりは調整がうまくいっているように感じる。
後は、メンバー的にもここは格好をつけなければいけない立場。見守りたい。


(4枠4番:レッドジェノヴァ)
前走勝利で条件クラスを卒業し、2連勝でのG2挑戦。
夏の上がり馬ということで、拠点を北海道から美浦に戻しての再調整。
レース後も順調で坂路とコースを併用して時計を出してきた。
既に仕上がっている感じだが、調整内容から引き続き良い状態を保ちながらの出走が適いそうだ。
今週は南Wコースで及第点の時計で調整されていたが、ラストの動きは良いものが窺えた。
相手関係は一気に強くなるが、この馬の成長力がどこまで通用するか、状態の良さから軽視は禁物だろう。

【調教展望】東京11R アイルランドトロフィー府中牝馬S(G2)(2018年)

【調教展望】東京11R 毎日王冠(G2)(2018年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿