10月6日(土)東京11R、芝1600m

サウジアラビアRCの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 シャドウエンペラー 10/3 栗坂 50.5 - 37.1 - 24.6 - 12.5 仕掛
2枠 2番 アマーティ 10/3 南W - - 52.9 - 38.6 - 12.8 馬也
3枠 3番 ドラウプニル 10/3 CW 84.3 - 68.2 - 53.2 - 39.7 - 12.6 馬也
4枠 4番 グランアレグリア 10/1 南W - - 53.0 - 39.7 - 13.2 馬也
5枠 5番 ドゴール 10/3 南W - - 52.2 - 38.4 - 13.0 馬也
6枠 6番 サムシングジャスト 10/3 CW 81.2 - 65.1 - 51.4 - 37.2 - 12.9 仕掛
7枠 7番 セグレドスペリオル 10/3 CW - - 52.5 - 38.7 - 12.3 強め
8枠 8番 トーラスジェミニ 10/4 南W - - 56.3 - 40.0 - 12.7 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:シャドウエンペラー)
初戦の新馬戦を快勝して、中3週のローテーション。
レース後の調整も順調そうで、先週はCWコースで追い切られ今週は坂路コースでの追い切り。
今週の坂路では全体50.5秒と速い時計、且つラスト1Fも12.5秒と申し分ない時計。
それだけ今の調子が良さそうだと判断したいところ。


(7枠7番:セグレドスペリオル)
前走の未勝利戦を快勝して、3戦目の競馬。
中3週のローテーションながら元気いっぱいという感じ。
先週は坂路で追い切られ、少し時計の掛かっている内容で判断が難しいところだったが、今週はCWコースで終いを伸ばす内容。
騎手騎乗の調教で、ラスト1Fは良い反応を見せており、併せた馬にもしっかりと先着。
馬がレースが近くなったことを察知したかのような感じで、レースでもそのセンスを見せることができるのか注目をしてみたい。
前走に引き続き、調子の良さそうな状態だろう。


(その他所感)
このレースは、4枠4番のグランアレグリアが断然の人気になりそうだが、藤沢厩舎ということもあり、まだまだ先を見据えた調整内容。
約4ヵ月振りのレースとなり、馬体重も大きく増えてくることが想定されるので、張りや腹袋の部分はしっかりとパドックを見ておきたいところ。
初戦で1枚力の違うところを見せての快勝だけに、どんなレースをするのかは非常に気になるところ。

その他の馬も順調に乗り込まれており、レースでは力を発揮できる出来にあると思われる。

【調教展望】東京11R 毎日王冠(G2)(2018年)

【調教展望】中山11R スプリンターズS(G1)(2018年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿