8月27日(日)札幌11R、芝1200m

キーンランドCの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ブランボヌール 8/23 札ダ 83.8 - 67.4 - 52.4 - 38.5 - 12.5 馬也
2枠 2番 イッテツ 8/22 函W 67.2 - 51.6 - 38.0 - 12.5 強め
3枠 3番 ネロ 8/24 札芝 - - 54.0 - 39.4 - 12.3 馬也
4枠 4番 ヒルノデイバロー 8/23 札芝 - - - - 41.0 - 12.0 馬也
4枠 5番 ノボバカラ 8/24 札芝 68.6 - 53.4 - 38.6 - 12.3 馬也
5枠 6番 ナックビーナス 8/23 函W 71.1 - 54.9 - 39.7 - 12.5 馬也
5枠 7番 フミノムーン 8/24 札ダ 67.1 - 51.6 - 38.5 - 12.6 馬也
6枠 8番 エポワス 8/23 札芝 83.1 - 67.8 - 53.1 - 39.8 - 12.9 馬也
6枠 9番 モンドキャンノ 8/23 札芝 65.8 - 50.1 - 36.5 - 11.7 馬也
7枠 10番 シュウジ 8/24 札芝 62.0 - 48.0 - 53.2 - 11.0 強め
7枠 11番 ソルヴェイグ 8/23 札芝 78.5 - 63.1 - 49.4 - 35.9 - 12.0 馬也
8枠 12番 ライトフェアリー 8/23 札芝 - - 54.4 - 38.8 - 12.0 馬也
8枠 13番 メイソンジュニア 8/23 函W 70.8 - 53.9 - 38.8 - 12.1 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(2枠2番:イッテツ)
前走のオープンクラス勝利から中2週のローテーション。
レースの疲れどころか、ますます快調といった感じを受ける。
レース後も函館Wコースでしっかりと2週連続で時計を計時し、好調を維持。
昨年も夏場に活躍しており、この時期が合っているということなのだろう。
注目の1頭だろう。


(8枠13番:メイソンジュニア)
前走のCBC賞から約2ヵ月間隔を開けての出走。
中間は栗東の坂路コースである程度乗り込まれてから、函館での調整。
2週前から函館Wコースで時計を出しており、輸送もうまくいった感じだ。
今週は終い重点の内容でラスト1Fの動きも上々。
リフレッシュした状態でレースを迎えられそうで、チェックしておきたい1頭だ。

【調教展望】小倉11R 小倉2歳S(G3)(2017年)

【調教展望】新潟11R 新潟2歳S(G3)(2017年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿