8月13日(日)新潟11R、芝1600m

関屋記念の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ダノンプラチナ 8/9 美坂 51.6 - 37.6 - 24.9 - 12.6 強め
1枠 2番 レッドレイヴン 8/9 南芝 - - 54.4 - 39.2 - 12.2 馬也
2枠 3番 マルターズアポジー 8/9 南W 68.8 - 52.8 - 38.5 - 12.2 馬也
2枠 4番 トーセンデューク 8/9 CW - - 52.2 - 37.5 - 12.2 馬也
3枠 5番 ロサギガンティア 8/9 美坂 54.5 - 40.5 - 26.5 - 12.7 馬也
3枠 6番 メートルダール 8/9 南W 66.2 - 50.9 - 37.4 - 12.4 馬也
4枠 7番 ショウナンバッハ 8/9 美坂 55.1 - 38.9 - 25.0 - 12.1 馬也
4枠 8番 オールザゴー 8/9 CW 80.4 - 65.5 - 50.7 - 37.9 - 12.1 一杯
5枠 9番 クラリティスカイ 8/9 美坂 52.1 - 38.3 - 25.5 - 12.9 一杯
5枠 10番 ダノンリバティ 8/9 栗坂 50.8 - 37.3 - 24.6 - 12.4 仕掛
6枠 11番 ヤングマンパワー 8/9 美坂 53.7 - 38.9 - 25.5 - 12.7 一杯
6枠 12番 ブラックムーン 8/9 CW 70.8 - 54.8 - 40.0 - 12.4 強め
7枠 13番 マイネルハニー 8/9 南W 68.4 - 53.2 - 39.6 - 12.6 馬也
7枠 14番 ロードクエスト 8/9 南W - - 54.2 - 40.1 - 12.8 馬也
8枠 15番 ウインガニオン 8/9 栗坂 54.8 - 38.5 - 24.8 - 12.5 仕掛
8枠 16番 ウキヨノカゼ 8/9 美坂 51.1 - 37.2 - 24.6 - 12.4 仕掛
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(3枠6番:メートルダール)
前走の条件戦クラスを快勝して、約2カ月の間隔をとっての出走。
中間は美浦のWコースを中心に乗り込まれてきた。
1週前には6F65秒台の時計を計時し、今週は6F66秒台の時計を馬なりで計時。
正直、完調には少し遠いと思われるがこの内容でも力を出せる状態には仕上がった感がある。
前走馬体重が大きく減っていただけに、今回はしっかりと回復していることを見込みたい。


(7枠14番:ロードクエスト)
長期休養明けの前走を叩いて、中6週のローテーション。
レース後の乗り込みも非常に順調で、坂路とWコースでみっちりと調整されてきた。
時計面ではそんなに目立つ内容ではないが、時計になるところは多く乗られていない印象があっただけに、その分、今回は目立つ感がある。
素直に状態面が良いと捉えて問題ないだろう。
新潟のこのコース、馬に2歳時の記憶が蘇った時、誰も太刀打ちできないだろう。


(8枠16番:ウキヨノカゼ)
前走のウィクトリアマイルから約3カ月のローテーション。
年齢は7歳になるが、まだまだやれるといった感じか。
中間は坂路とWコースで調整されており、乗り込み量に不足はない。
特に、今週の追いきりは坂路で全体51秒台、ラスト1F12.4秒と反応上場。
状態面は良さそうで、リフレッシュされた状態でレースに臨めそうだ。
注目して見たい1頭だ。

【調教展望】小倉11R 北九州記念(G3)(2017年)

【調教展望】札幌11R エルムS(G3)(2017年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿