6月25日(日)阪神11R、芝2200m

宝塚記念の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ミッキーロケット 6/21 栗坂 52.9 - 38.3 - 25.5 - 13.2 一杯
2枠 2番 ゴールドアクター 6/21 南W 81.7 - 66.2 - 51.7 - 38.6 - 12.6 馬也
3枠 3番 スピリッツミノル 6/21 CW 85.8 - 68.5 - 53.5 - 39.8 - 12.9 一杯
4枠 4番 クラリティシチー 6/21 南W - - 51.5 - 37.6 - 12.8 一杯
5枠 5番 シュヴァルグラン 6/21 栗坂 56.2 - 41.0 - 27.1 - 13.4 仕掛
6枠 6番 シャケトラ 6/21 CW 87.6 - 71.3 - 56.1 - 41.2 - 11.6 馬也
6枠 7番 レインボーライン 6/21 栗坂 59.9 - 42.8 - 28.4 - 14.0 馬也
7枠 8番 ミッキークイーン 6/21 CW - - 54.7 - 39.9 - 12.1 馬也
7枠 9番 ヒットザターゲット 6/21 栗坂 54.6 - 39.8 - 26.0 - 12.8 一杯
8枠 10番 キタサンブラック 6/21 CW 82.8 - 67.9 - 54.4 - 40.2 - 12.2 馬也
8枠 11番 サトノクラウン 6/21 南W 70.1 - 55.4 - 40.7 - 12.8 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(8枠10番:キタサンブラック)
前走の天皇賞春をレコード勝ちしてから2カ月弱のローテーション。
レース後の反動もなさそうで、中間はいつも通りしっかりと乗り込まれている。
状態面は引き続き高いレベルを維持しての出走が適いそうで、調整内容から不安な点は見当たらない。
3歳、4歳時よりも調教では終いまでしっかりと動けるようになっていて、その点も成長の証と言えるだろう。
問題は悪天候になった時の重馬場だが、絶対能力で乗り切る可能性の方が高いと思われる。


(8枠11番:サトノクラウン)
前走の大阪杯から3カ月弱のローテーション。
休み明けを苦にするとは思えないが、G1戦では苦戦している結果が否めない。
ただ、中間の調整は1カ月前から乗り込まれており、仕上がり面は良さそうだ。
特段調教時計が速いわけではないが、この馬のペースで調整されてきた点に好感が持てる。
前走時は馬体重が減っての出走だっただけに、今回は多少戻した状態になっていることを前提にしたい。
重馬場はこの馬にとってはプラス材料だろう。

【調教展望】中京11R プロキオンS(G3)(2017年)

【調教展望】函館11R 函館スプリントS(G3)(2017年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿