4月9日(日)阪神11R、芝1600m

桜花賞の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ミスエルテ 4/5 CW - - 51.7 - 37.4 - 11.7 馬也
1枠 2番 ライジングリーズン 4/5 南W 69.2 - 54.0 - 39.5 - 13.0 馬也
2枠 3番 サロニカ 4/5 栗坂 54.0 - 38.7 - 25.2 - 12.8 馬也
2枠 4番 ジューヌエコール 4/5 CW 84.1 - 68.3 - 53.0 - 39.0 - 12.9 馬也
3枠 5番 ベルカプリ 4/5 栗坂 55.7 - 39.9 - 25.1 - 12.1 強め
3枠 6番 リスグラシュー 4/5 栗坂 55.1 - 39.0 - 24.6 - 11.8 強め
4枠 7番 ショーウェイ 4/5 CW 83.4 - 67.3 - 52.5 - 38.9 - 12.4 強め
4枠 8番 カラクレナイ 4/5 CW 82.8 - 66.6 - 52.0 - 38.4 - 11.9 馬也
5枠 9番 ゴールドケープ 4/5 DP 66.9 - 50.0 - 36.5 - 11.4 仕掛
5枠 10番 レーヌミノル 4/5 CW 83.2 - 66.4 - 52.0 - 38.0 - 12.4 馬也
6枠 11番 アロンザモナ 4/5 CW - - 53.8 - 39.5 - 12.2 馬也
6枠 12番 アエロリット 4/5 美坂 54.0 - 39.5 - 25.9 - 12.8 馬也
7枠 13番 ヴゼットジョリー 4/5 栗坂 54.0 - 38.8 - 24.8 - 12.3 馬也
7枠 14番 ソウルスターリング 4/5 南W 67.6 - 51.9 - 38.8 - 12.8 馬也
7枠 15番 アドマイヤミヤビ 4/5 栗坂 53.3 - 38.8 - 25.2 - 12.5 仕掛
8枠 16番 ミスパンテール 4/5 栗坂 53.2 - 38.2 - 24.9 - 12.3 強め
8枠 17番 ディアドラ 4/5 栗坂 52.8 - 38.3 - 25.1 - 12.5 馬也
8枠 18番 カワキタエンカ 4/5 栗坂 55.1 - 41.0 - 26.3 - 12.7 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:ミスエルテ)
前走の朝日杯FSから3カ月以上間隔を取っての出走。
中間の調整はCWコースと坂路を中心に乗り込まれてきている。
1週前にはCWコースで6F81秒台の時計を一杯に乗り込まれて、今週は馬なり調整。
終いの反応が上々で、仕上がり面は良さそうだ。
後は、当日の馬体重がしっかり増えていることと未知なる成長力に期待したいところ。


(7枠15番:アドマイヤミヤビ)
前走のクイーンCから約2カ月のローテーション。
中間はこのレースへ向けてみっちりと乗り込まれてきた。
時計はそんなに速くはないが、しっかり負荷を掛けられてきたことに好感が持てる。
現時点でこれだけ調教ができる点を状態面の良さに結び付けたいところ。
距離が伸びた方が良さそうなだけに、状態面の良さでどれだけやれるかだろう。

【調教展望】中山11R 皐月賞(G1)(2017年)

【調教展望】阪神11R 大阪杯(G1)(2017年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿